fc2ブログ

D・Cの超卵~(元)男子中学生のウルトラエッグ~

ウルトラエッグ好き大学4年生の自己満足ブログ!
ウルトラマンシリーズの玩具中心のブログになっております~
8年目突入!総来場者数様30万人突破!!ありがとうございます!

現行ソフビ・ウルトラアーツ・ウルトラマントリガー玩具図鑑 続々更新中





〉〉現行ソフビ図鑑
top01.png

  ・ウルトラヒーローシリーズ
・ウルトラ怪獣シリーズ
・ウルトラヒーロー・怪獣Xシリーズ
  ・ウルトラヒーロー・怪獣オーブシリーズ
  ・ガシャポン版、セット版、限定品・・・




〉〉S.H.Figuarts 
ウルトラマンシリーズ図鑑

SnapCrab_NoName_2021-2-17_1-50-15_No-00.png
 
・2016年7月発売「ウルトラマン」から
 最新商品まで全て紹介



〉〉ウルトラマントリガー玩具図鑑

t00.png


 ・各種DX玩具
・ガッツハイパーキーシリーズ(DX・SG・GP・限定品)
・『ウルトラマントリガー』関連ソフビ・フィギュア




スポンサーサイト



  1. 2020/12/03(木) 11:22:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月到来!2021年最後の情報解禁日!

DC超卵です

先週、金曜日に発売された「フィギュア王」の『ウルトラマンZ』特集号ですが
もう・・・!これまで何処でも聞いた事無いような初出し情報が満載!

・ベリアロクとは真逆のデルタライズクローの専用武器の初期案
・ジード新形態に流用される予定だった、ニュージェネのあの形態
・ベータスマッシュになる3人のウルトラマンの初期案
 本来ならあのマイナーウルトラマンが・・・!
 初期案の3人をモチーフにしたベータスマッシュのデザイン画も・・・!


他にも色々と初出し情報が満載なのですが
特に驚いたのは、この3点!!!
他にもグッズコレクションがメインの特集という事もあり
魅力的な玩具を生み出さなければならないバンダイスタッフと
それをを物語に組み込まなければならない本編スタッフの苦労

『Z』の企画立ち上げから最終回まで赤裸々に網羅されていて、読み応え抜群!
『ウルトラマンZ』が10倍楽しくなる、最高のインタビューでした!
定価1350円という事で、手に取りやすい価格ですし
そのお値段以上の価値は間違いなくありますから
明日にでも書店に走ってゲットされる事をオススメします!!!


logo_trigger.png
≫ウルトラマンおもちゃウェブ
≫バンダイ12月カレンダー
さあ!今日から12月!
カレンダーがあと1枚になって、悲しくなった人も多いのでは・・・
ついに2021年もあと1ヶ月という事で寂しいですねぇ。
しかし!例年と違うのが、『トリガー』が最終回では無いという事!
さらに『UGF 運命の衝突』が控えている事!
いつも玩具が控えめな12月も、怒涛の玩具攻勢が待っていますよ~!
早速見て行きましょう!
※情報解禁済ですが、本編未登場の情報を扱います。
 ネタバレにご注意下さい。



12月3日(金)発売予定


https://bpnavi.jp/s/characters/11

ウルトラマントリガー マルチタイプ ゼペリオン光線VER
トリガーダーク ケンゴの夢の中VER
キリエロイド 獄炎弾VER


まずは今週の金曜日!
クレーンゲーム限定でトリガー限定ソフビが3種登場!
ゼペリオン光線VERはこんな光ってたっけ・・・?という仕上がりですがw
トリガーダークはまさに劇中の姿そのまま!
キリエロイドも劇中こんなに燃えないですけど、格好良いのでヨシ!w
今回も痒い所に手が届く、絶妙なラインナップで
何としても3種ともゲットしたいですね~!


12月4日(土)発売予定


21120100.jpg
ムービーモンスターシリーズ
ウルトラマン(スペシウム光線Ver)( 『シン・ウルトラマン』)

・価格:1400円(税抜)

今週の土曜日は『トリガー』がお休みなので
玩具の発売は無いだろうと油断していたら
空想特撮映画『シン・ウルトラマン』より
スペシウム光線ポーズのウルトラマンがソフビ化!
この・・・!分割の少ないソフビでのスペシウム光線ポーズ化を待っていたんですよ!!!
そのフォルムは須賀川特撮アーカイブセンターや、庵野秀明展に展示されている
人間大立像がそのまま縮小されたかのような再現度の高さ!
ご丁寧に台座まで付いていますし
もしかしたらブリスターパッケージかもしれませんね。

公開日も決まっていないのに
どんどん玩具が出る『シン・ウルトラマン』ですが
12/13のツブコン2021での公開日発表に期待したいですね~


12月11日(土)発売予定


UH01r_13_.jpg
ウルトラヒーローシリーズ13 アストラ(再販)
※画像は2013年に発売されたものです。(レビュー

21100117.jpg
ウルトラヒーローシリーズEX ウルティメイトシャイニングゼロ
21100116.jpg
ウルトラヒーローシリーズEX アンドロメロス
21100115.jpg
ウルトラヒーローシリーズEX ウルトラマンレグロス
・価格:各600円(税抜)


来週の土曜日には『運命の衝突』関連ソフビが一斉発売!
久しぶりの大活躍が予想されるアストラの再販に
ついに初立体化となるシャイニングウルティメイトゼロ!
そして令和にまさかのソフビ復活となるアンドロメロスや
未だにどんなヒーローなのか分からない、新ウルトラマンのレグロスまで!
このタイミングでの発売となると
発売日の2日後に行われるツブコン2021
『運命の衝突』の追加情報&レグロス詳細発表があったり・・・!?
21120103.jpg
ウルトラ怪獣シリーズ161 バリガイラー
・価格:600円(税抜)

さらに!『タイガ』の地球を混乱に陥れた
宇宙に名を馳せる強敵、ゴロサンダーの亜種となる
その名もバリガイラーが『トリガー』登場と合わせてソフビ化!
ゴロサンダーも改造されてしまいましたか・・・w
UM01r_113___.jpg
バリガイラーは劇中の着ぐるみもゴロサンダーの色替えなので
ソフビも造形はおそらくゴロサンダーと全く同じ。
ゴロサンダーとは対照的な青緑のカラーリングが素敵ですね。
しかし、ゴロゴロ鳴る雷でゴロ【サンダー】は分かるとして
バリバリ鳴る【ガイラー】ってなんだよwと思いましたが
anno08.png
これ色合いも含めて、サンダ対ガイラって事ですよね・・・?
『ゴジラ』『ウルトラマン』と並ぶ伝説の特撮作品として
多くのクリエイターに多大な影響を与えた名作『サンダ対ガイラ』。
あの『進撃の巨人』のモチーフになった事も有名ですね。
それがまさか『NEW GENERATION TIGA』で小ネタに使われるとは・・・w


12月18日(土)発売予定


211029.jpg
ウルトラヒーローシリーズEX
ニュージェネレーションヒーローズセット ギンガ~ジード

Amazon限定(→商品ページ
・価格:3000円(税抜)
211029(1).jpg
ウルトラヒーローシリーズEX
ニュージェネレーションヒーローズセット R/B~トリガー

トイザらス限定
・価格:3000円(税抜)
211029(3).jpg
ウルトラヒーローシリーズEX
ウルトラマントリガー スペシャルソフビセット

ヤマダ電機限定
・価格:2400円(税抜)


12月18日は3店舗でそれぞれの限定ソフビセットが発売!
この3セットを揃える事で、ニュージェネの全主人公と
トリガーの全形態がクリアラメで勢ぞろい!!!
ソフビが好調だとは聞いていましたけど、ここまで好調だと笑えて来ますね・・・w
クリスマス直前に魅力的なラインナップですし
争奪戦になってしまう可能性もありますから、欲しい方はお早めに!
21120104.jpg
ウルトラ怪獣シリーズ162 アボラス
21120105.jpg
ウルトラ怪獣シリーズ163 バニラ
・価格:各600円(税抜)


いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・!これは「てれびくん」で見て燃えましたよ!
ウルトラシリーズ屈指のライバル怪獣対決名作回である
『ウルトラマン』第19話「悪魔はふたたび」に登場した
青い悪魔 アボラスと赤い悪魔 バニラが約20年振りに久しぶりに定番ソフビに復活!
この2体を完全新規造形で拝めるなんて・・・最高ですね・・・
『X』の第1話にチラっと映っていた2体ですが
撮影に耐えうる状態に着ぐるみが改修されたのでしょうか?
バニラはもちろん新規造形で、完璧な造形!
アボラスは実際の着ぐるみ同様、レッドキングの流用かと思いきや
腕や足の角度が違うので、何気に新規造形・・・?
UM01r_14.jpg
アボラスとバニラは超古代に封印された怪獣が蘇った設定ですから
超古代が物語のカギである『トリガー』には相性抜群ですし
そんなアボラスとバニラをオマージュしたスタンデル星人が登場する
『ティガ』の傑作回 第17話「赤と青の戦い」のオマージュオマージュになる・・・?w
もうこれ以上ないくらい適任の2体ですから、劇中での大活躍が楽しみですし
果たしてトリガーはこの2体に勝てるのか!?


12月24日(金)発売予定


21120106.jpg
ウルトラ怪獣シリーズ164 メカムサシン
・価格:600円(税抜)


12月25日(土)の『トリガー』に登場予定の新怪獣 メカムサシンが
クリスマス商戦に向けて珍しく、放送前日の金曜日に発売!
名前がややこしいのですが、ムサシンという怪獣のメカ化では無くて
宮本武蔵モチーフのメカというイメージかと・・・
コスモスの春野ムサシとも混じって厄介ですね~w
しかし、この歌舞伎顔でからくりメカという設定から
そこはかとなく漂う『がんばれゴエモン』臭・・・
UMO01r_08.jpg
実際の着ぐるみもそうなのですが、今回のメカムサシンのソフビは
『オーブ』の紅蓮騎から下半身と両腕が流用されていますね~
『メビウス外伝ゴーストリバース』のメカザムから、紅蓮騎そしてメカムサシンへと
着ぐるみ改造を繰り返して、再びメカに戻ってくるとは!
このクセの強いメカムサシンがどのように『トリガー』世界に登場するのか!
劇中の活躍が楽しみです。


12月25日(土)発売予定


21120101.jpg
ウルトラヒーローシリーズ
グリッタートリガーエタニティ スペシャルカラーVER

21120102.jpg
ウルトラヒーローシリーズ
トリガーダーク スペシャルカラーVER

・どちらもウルトラマン公式ショップ及び
 「ウルトラヒーローズEXPO ニューイヤーフェスティバル2021」会場限定
・価格:各700円(税抜)
・どちらも「ツブラヤストア」で12/12(日)まで先行注文受付中
 (→グリッタートリガーエタニティ 商品ページ
 (→トリガーダーク 商品ページ


毎年恒例の冬のイベントEXPO ニューイヤーフェスティバル」の開催を記念して
グリッタートリガーとトリガーダークの限定ソフビが登場!
紛らわしいのですが、18日発売されるヤマダ電機限定のトリガーセット内の
グリッタートリガーとトリガーダークはグリッタカラー
ウルトラマンショップとEXPO会場限定の2体はスペシャルカラーとなっております。
トリガーは全形態2つの限定カラーが勢ぞろいで凄い人気ですね・・・w
現在この2体は「ツブラヤストア」で先行注文を受け付けており
公式ショップやEXPOの発売よ先に発送されるみたいなので
確実かつすぐに欲しい方はお見逃しなく!



という訳で、いつもとは比較にならないくらい
圧巻の玩具量で攻めてきた、鬼の年末商戦。
今月手に入る通常サイズのソフビの数は何と26体。
いや・・・いくらソフビが好調だからって、1ヶ月で出す量じゃ無いですよ・・・
まあソフビ好きとしてはヨダレが止まらないんですけどねw
シン・ウルトラマンのスペシウム光線VERも商品化を夢見ていたので
まさかのバンダイ製で安価なソフビが発売されて嬉しい限り!
毎週新作ソフビが発売される夢の一時が
ついに今日から始まるんですね~!!!
毎週ワクワクしながら買いに行こうと思いますw
以上!12月情報解禁のウルトラ玩具情報でした。
それでは~
  1. 2021/12/01(水) 00:47:28|
  2. ウルトラマン玩具情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S.H.Figuarts ウルトラマンレオ

S.H.Figuarts
ウルトラマンレオ
shf080_01.jpgshf080_02.jpg
・販 売 方 法:一般店頭販売
・発   売   日:2021年11月27日
・価   格:5500円(税抜)
本体
shf080_03__.jpg
毎年、確実に昭和ウルトラヒーローを商品化してきたウルトラアーツは
昨年7月についにウルトラ6兄弟勢ぞろいを達成。
そして今年の昭和ウルトラアーツは、レオ!君の番!!!
獅子座L77星出身の真紅の若獅子 ウルトラマンレオが
満を持して、ウルトラアーツに登場。
来年配信開始となる『UGF 運命の衝突』でも大活躍が予告されており
ナイスタイミングでの商品化になりましたね。

今回も円谷プロ造形部門の「LSS」が監修しており
TV本編のレオのスーツを忠実に再現。
拳法主体で戦う、レオならではのたくましい体形や
若干スーツと色味が異なるグローブやブーツなど
TV画面に映っていた、あのレオが徹底再現されています。
まあ・・・『レオ』ファンから言わせてもらうと
こんなにスーツが綺麗なレオはレオと呼べない!のですが
汚れすぎると、他のウルトラマンと並べさせられないので仕方ない・・・w
そして残念なのがお腹に銀の塗装が飛んでいる・・・
溶剤で拭いても取れないので、交換ですかね・・・
ここからの写真は全てお腹に加工を施しています。
shf080_04.jpg
バストアップ。
言葉で形容し難い、独特過ぎる形状のマスクですが
バッチリと再現されていますね。
特徴的な腹部のシークレットサインも再現されていますし
さらに!逆三角形の体形に見えて、格好良くなる効果を生んでいる
両脇の電飾用バッテリーまでしっかり造形されていますよ。
■ソフビと比較
shf080_05.jpg
ウルトラヒーロー07 レオと比較。
レオはそこまで模様が複雑では無いので
600円のソフビでも背面まで完璧に塗装されています。
両手首のレオブレスレットが少し省略されているぐらいですね。
一方、アーツは造形が洗練されているのはもちろんの事
レオブレスレットも完璧ですね。
また、ソフビの左上腕には
キングから貰ったアームブレスレットが付いていますが
アーツにもしっかりアームブレスレットは付属しております。(後述)
■いろいろ比較
shf080_06.jpg
S.H.Figuarts セブンゼロゼット アルファエッジと比較。
セブンからゼットまで続く、セブン一門の系譜!
セブンとレオの熱い師弟関係は、ゼロからゼットへ受け継がれました!
いつも通り、サイズ感は統一されており
昭和だろうがニュージェネだろうが、並べても違和感無し。
セブンはLSS監修が付く前の商品になるので
レオと並べると、ちょっと見劣りしてしまいますかね。
shf080_07.jpg
S.H.Figuarts トリガーゼット アルファSP初代マン 55thVerと比較。
完全に余談なのですが
2021年11月は前代未聞の4体のアーツが発売/発送!
2016年のシリーズ開始から、最も同月の発売商品の多い月となりました!
コレクターとしては、商品が出れば出る程嬉しいですが
お財布へのダメージがかなり深刻ですね・・・w
■セット内容
shf080_08_.jpg
■交換用カラータイマー
shf080_09.jpg
毎度お馴染みの赤いカラータイマーが付属し
ピンチシーンを演出する事が可能。
レオは地球上では2分40秒しか戦う事が出来ないのだ!
レオは序盤は本当に大苦戦の連続なんですけど
その積み重ねがあってこそ、最近のレオの強さに感動するんですよ・・・
■アームブレスレット付き交換用上腕
shf080_10.jpg
左上腕パーツを交換する事で
先述の通り、『レオ』第26話でキングから授かった
アームブレスレットを装着した状態のレオを再現可能です。
shf080_11.jpg
あとこれは余談なのですが
今回、レオのプロテクターはとても簡単に着脱可能。
もしかして、アームブレスレットが変形した
ウルトラマントがアーツサイズ用に出ちゃうんでしょうか・・・!?
■レオヌンチャク
shf080_12.jpg
『レオ』第11話のケットル星人戦で
近くにあった煙突を、突然超能力で変化させた
レオを代表する武器であるレオヌンチャクが付属。
専用の持ち手が両手分付属しており、そちらで保持します。
鎖は本当のチェーンになっており、自由に角度を変える事が出来ますね。
前シリーズ「ULTRA-ACT」でレオが2回商品化された際も
2回ともレオヌンチャクが付属していたので、最早お馴染みの武器になっていますが
『レオ』初回放送から47年の歴史の中では
『レオ』第11話と『セブンガーファイト』最終回の計2回しか使って無いんですよね・・・
■エネルギー光球エフェクト
+台座・支柱
shf080_13.jpg
レオを代表する光線技であるエネルギー光球のエフェクトが付属し、右手首を交換して再現!
エフェクトが巨大で重いので、台座と支柱で支えられます。
レオは様々な光線技をほぼ同じフォームで放つので
一体どれがエネルギー光球だったのか・・・w
今回、レオのアーツに向けて気分を高める為
そして、エネルギー光球の正体を探るために
『レオ』を全話見直したのですが
第47話のブラックテリナにトドメを刺したエネルギー光球に
今回のエフェクトは1番近い気がしますね。
エフェクトの形状も第47話の姿にソックリです。
■レオキックエフェクト
shf080_14.jpg
レオ最強の必殺技と呼び声の高い
レオキックを再現する為のエフェクトが付属。
右足に装着して再現します。
TV本編だとベタ塗りのアニメのようなエフェクトでしたが
今回は平成の作品以降お馴染みとなった
炎のような形で造形されており、格好良いですね。
 
shf080_15.jpg
マグマ星人の操る双子怪獣
レッドギラス(代理)とブラックギラス(代理)にセブンは苦戦。
セブンが死ぬ時!東京は沈没する!

shf080_16.jpg
セブン絶体絶命の時、現れたのは
そう、我らがヒーロー!ウルトラマンレオである!

shf080_17_.jpg
ゼロにも受け継がれた、レオお馴染みの構え。
もちろんこの構えを再現する為の専用手首が付属。
しっかりと構え用の手首が付いているのが嬉しい所で
レオの燃える闘志が指先にまで宿っています。

shf080_18.jpg
お馴染みのアングルでレオキック!!!
やっぱりレオといえば、レオキック!
この構図とあの効果音で、心が躍ってしまいますね。

shf080_19.jpg
ちなみにキックエフェクトは足にハメるだけなので
推奨されはいませんが、他のウルトラマンに装着可能。
ゼロとゼットには装着出来ました。
shf080_20.jpg
もう1つ、レオお馴染みの構え!
こちらはゼットに受け継がれましたね。
これまでのウルトラヒーローとは一線を画す
レオならではの格好良さが、この構えに凝縮されています。

shf080_21.jpg
アシュランは3人のウルトラマンを見た。
アシュランは3人の正体を知っていたのだ。
だからいち早く逃げ出した。

『レオ』第34話より、アシュランの脳裏によぎった
3大ウルトラ戦士の揃い踏み!
本当は劇中の並び立ちを再現するつもりだったのですが
あの衝撃のスチール写真をアーツで再現したくなってしまって・・・w
予想外のジャックとの共闘に胸が熱くなりましたが
まさか4週間後に今度はジャックと戦う事になるとは・・・
shf080_22.jpg
もしかして・・・レオ師匠・・・!?
『レオ』第34話から47年の時を経て
『セブンガーファイト』最終回で初共演を果たしたレオとセブンガー
セブンガーの大躍進っぷりにレオも喜んでいる事でしょう。
shf080_23.jpg
その顔は何だ!?その目は何だ!?その涙は何だ!?
お前の涙で奴が倒せるか!?この地球が救えるか!?
モロボシダンとおおとりゲン。
地球に暮らすたった2人の宇宙人は侵略者の手から
第2の故郷となったこの地球を、何としても守り抜かなければならない。
セブンとして戦えない悔しさからダンは過酷な修行を強い、ゲンは応える。
2人は互いに身を削りながら、故郷に命を捧げ戦うのだ。

shf080_24.jpg
クッソ!こいつを外せ!
それも修行の内だ!我慢しろ!

ウルトラマン史上最も過酷な戦いを切り抜けたレオは
武人として、後身のウルトラマン達に檄を飛ばす。
それはかつてのセブンのように・・・

shf080_25_.jpg
最後まで諦めるな・・・
修行の日々を思い出せ!ゼロ!!

ニセウルトラ兄弟(SR)に大苦戦を強いられる愛弟子の為に
レオは時空を超えて駆け付ける!
放て!師弟の最強合体必殺技
レオゼロダブルフラッシャー!!!
shf080_26.jpg
惑わされるな!
今までお前達がしてきた戦いを思い出せ!
その1つ1つの積み重ねが
お前達を強くして来たのではないのか!?

レオの熱い闘志は世代を超えて
ギンガビクトリーなどのニュージェネレーションにも受け継がれて行く!
shf080_27.jpg
故郷・仲間・家族を失い、地球にやってきた1人の漢。
そんな漢が地球で見つけたのは新たな故郷と仲間と家族。
しかし漢を狙う卑怯な侵略者の手により、漢は第2の仲間と家族すら失ってしまった。
最後に残された故郷を守る為に漢は戦い続ける。
今この平和を壊しちゃいけない。皆の未来を壊しちゃいけない。
自身に全てを託してくれた師匠に報いるために。
今、沈んで行く夕日は私だ。
そして、明日昇る朝日はお前だ!

最後に
昭和ウルトラシリーズで【どの作品】が好きか?と聞かれてしまうと
やっぱり『初代』と『セブン』を語りたくなってしまいますが
昭和ウルトラマンで【誰】が好きか?と聞かれたらレオが断トツ1番!
デザインやファイトスタイルはもちろん、その生き様が格好良すぎるんですよ・・・
レオはそこまで来ているという事で、アーツ化をずっと待っていましたよ・・・!

本文中で触れた通り、造形は文句無し。
可動範囲は若干首を下に向けにくいのが気になりますが
レオのアクションは大体再現可能なので良いでしょう。
後は、カラータイマーが緩いんですけど個体差かなぁ・・・
本当に気になるのはそういった細かい所くらいで
個人的には昭和ウルトラアーツ史上最高傑作だと思います。
エフェクトも充実していて、プライバリュー抜群!大満足でした。
公式Twitterや公式ブログなどで、バリバリにアストラ発売のフラグを立てているので
早い所発売して欲しい所ですが、いつになるのやら。
マグマ星人やババルウ星人といった、人型の敵キャラの商品化にも期待したいですね。
≪前のアーツ次のアーツ≫
リストに戻る

  1. 2021/11/28(日) 00:08:24|
  2. S.H.Figuarts図鑑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナイスタイミングでヤツがアーツ化!&クレーン限定ソフビ化!

DC超卵です
今回の『トリガー』のサプライズに興奮が冷めやらないですが
その興奮をさらに高めてくれる商品発表が!!!

211127.jpg
https://p-bandai.jp/item/item-1000165374
S.H.Figuarts キリエロイド


 ■魂ウェブ商店限定販売
 ■2022年5月発送予定 
 ■価格:6000円(税抜)
 ■セット内容
  ・交換用手首左右3種
  ・獄炎弾エフェクトパーツ
  ・獄炎弾エフェクトパーツ用支柱・台座


いやぁ~~~!アーツとTV放送の連動が完璧過ぎませんか?
こんなナイスタイミングでキリエロイドがアーツ化されるなんて!
10年前に前シリーズの「ULTRA-ACT」でも発売されていましたが
今回のフィギュアーツ キリエロイドはLSS監修という事で
さらに『ティガ』当時の着ぐるみに忠実な造形に進化!
白の色味なんかもグっと劇中に近付いた印象ですね。

スタッフブログも公開されていますが
獄炎弾のエフェクトパーツが付属するのはもちろんの事
ティガ&トリガーとバトルしている写真も既にある・・・!
全て計算済みだったんですね・・・!
可動フィギュアとは思えない、巧みな関節分割がお見事で
格好良すぎませんか・・・キリエロイド・・・!

キリエロイドは来週月曜日の29日16時から予約受付開始!
最近は争奪戦が怖いですからね・・・欲しい方はお早めに!



https://bpnavi.jp/s/characters/11

さらに毎度お馴染みのクレーン限定ソフビが登場!
今回チョイスされたのは

ウルトラマントリガー マルチタイプ ゼペリオン光線VER
トリガーダーク ケンゴの夢の中VER
キリエロイド 獄炎弾VER


相変わらず絶妙にマニアックなんですよね・・・w
トリガーは前回のクレーン限定だったティガのゼペリオン光線VERと同仕様。
トリガーダークは第1話などでまだシルエット状態の
禍々しいオーラがクリア素材と塗装でバッチリ再現されており格好良い!
そしてキリエロイドですよ!ナイスタイミングですね、まったくw
獄炎弾は手から炎が出るだけですから
こんなに全身燃え上がらないんですけど
まあ、格好良いからいいか・・・w

この3体は12月3日(金)から全国のナムコに登場予定!
果たして今回は何円でコンプ出来るのか!
楽しみでもあり!恐ろしい!!!


という訳でキリエロイド25周年という事もあって、商品展開が充実。
旧サイズのソフビや「ULTRA-ACT」では不人気でしたが
25周年を迎えた今、一体どうなるのか・・・!?
今日の『トリガー』を見たら絶対欲しくなっちゃいますからね・・・
絶対に手に入れたい方は発売開始日をお見逃しなく!
以上、キリエロイド最新玩具情報でした。
それでは~

  1. 2021/11/27(土) 12:04:43|
  2. ウルトラマン玩具情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ウルトラマントリガー 第19話「救世主の資格」 感想

DC超卵です
月初めでも無いのに、今日は情報の量が凄いのなんの。
まずは本日から「てれびくん」最新号が発売開始になっており
早速、電子書籍で購入して読みましたが
来月も『トリガー』の勢いはとどまる所を知りませんね・・・!
さらにあの人気怪獣が出るという事はソフビも出るの!?という事で
気になる方は書店or電子書籍で是非チェックを!
さらに昨日発売された「フィギュア王」最新号は
なんと『ウルトラマンZ』特集号!!!
自分は通販で注文していて、まだ読めていないのですが
昨年の『タイガ』『ギンガ』特集号も、聞いたこと無い新情報満載だったので
今回も絶対驚かされる衝撃情報満載な事間違いなし。
『Z』ファンは必携の一冊になるでしょう。
そして真骨彫ティガ パワータイプが載っているんですけど・・・!?

logo_trigger.png
さあさあ!現行作『トリガー』最新話のお時間ですよ!

今回放送されたのは第19話「救世主の資格」です。



『ウルトラマン80』終了後、TV放送が途切れてしまったウルトラシリーズでしたが
15年の時を経て、1996年放送『ウルトラマンティガ』でついにTVシリーズが復活。
満を持して復活に当時のファンが固唾を飲んで見守る中、ついに『ティガ』が
放送開始。
しかし、史上初の3タイプチェンジに主演・主題歌にV6を起用など
今までに無い新機軸が前面に押し出されてはいましたが
第1・2話のストーリーに関しては、『初代ウルトラマン』を踏襲した非常に王道の
悪く言ってしまえば、新鮮さに欠けるストーリーでありました。
久しぶりのウルトラマンという事もあって
『ティガ』は『初代』をなぞる作品になるのか?と当時のファンが思ったその時!
第3話「悪魔の預言」で異変が起こるのです。

防衛チーム「GUTS」のイルマ隊長が昼のワイドショーに出演して
ウルトラマンティガが人類の味方かどうかをアナウンサーと議論し
イルマ隊長は共に2回戦ったティガを人類の味方であると宣言。
しかし、その放送を見ていた「GUTS」上層部の参謀からは
GUTSの隊長という影響力のある人物が
公共の電波で根拠ない発言は控えるべき
だと非難されてしまいます。
『初代マン』から『80』までのウルトラ兄弟が
同じ地球を守っていた昭和シリーズの世界観では考えられない
『ティガ』ならではの展開に、当時のファンは大きな衝撃を受けたでしょう。
さらに、そんなイルマ隊長の発言を受けて
ティガよりも以前に地球で活動していたキリエル人が激怒。
戦闘形態キリエロイドとなってティガに挑みました。
超古代より地球に存在していた生命体であるキリエル人は
伝説の傑作回である『セブン』第42話の地球先住民ノンマルトをオマージュしつつも
自らの強大な力を振りかざし、弱き者達からの信仰を得ようとするその姿は
地球侵略を目論んで現れる、昭和の典型的な宇宙人とは異なり
当時の社会問題を盛り込んだ、平成ならではの敵キャラクター像
それだけに当時の視聴者に与えたインパクトは凄まじく
キリエル人が登場する、第3話「悪魔の預言」と第25話「悪魔の審判」は
放送から25年が経った今も、ファンから絶大な支持を得ています。

そんな人気キャラクターとなったキリエロイドでしたが
『ティガ』という作品ならではのキャラクターであり
登場した第3話と第25話の支持が厚過ぎる事もあってか、再登場の機会には恵まれず
映像作品にはこの25年間登場する事はありませんでした。
しかし、今年はTVシリーズは『ティガ』25周年を記念した
令和のティガとも呼ばれる『ウルトラマントリガー』。
そんな『トリガー』で25年の時を経て、ついにキリエロイドが復活します。
メガホンを取るのは、『ティガ』を愛してやまない『Z』メイン監督の田口監督!
田口監督が描く、令和のキリエロイドとは一体!?


■夢


タツミ隊長のアジア支部長就任を筆頭に
GUTS-SELECT隊員達に続々と良い事が起こった後
まさかの全て幻影だった事が判明し、隊員達は絶望w
しかし何とか自身を奮い立たせて、トリガーと一緒にゴルバーⅡを撃破した
そんな前回から直結して始まるのが今回のお話。
ナースデッセイ号の周りに幻覚を見さる作用がある
モルフェウスRと呼ばれる未知の宇宙線が発生しており
この緊急事態を受けて、ミツクニさんも久しぶりにナースデッセイ号に姿を現します。

同じく闇の三巨人達も前回幻覚を見せられており
トリガーダークが戻ってきたと思い込んでいたカルミラでしたが
やっぱりトリガーは光のままだと気付いてイライラ。
一方ヒュドラムも、ダーゴンに「リーダーはお前だ!」と
称えられる幻覚を見ていたのですが、それを幻覚だと気付いておらず
リーダーの座を奪う為に、カルミラを挑発!
2人は市街地に飛び出して、仲間割れしてしまうのでした。


■スマイルへの異様な拘り


モルフェウスRの調査の為、地上へ出動したケンゴとユナでしたが
ケンゴは第18話の冒頭で見た、トリガーダークとカルミラが共闘する夢が気になる様子・・・
前回も言っていましたが、この時のカルミラは笑っているんですよね。
世界中の皆を笑顔にする為、戦ってきたケンゴですが
やっぱりカルミラ達にも笑顔になって欲しいようです。
そんな時、突如謎の男がケンゴ達の前に出現。
ユナは謎の男に導かれ、追いかけて行ってしまいますが
そこに喧嘩している闇の三巨人が現れてしまい、街は大混乱。
謎の男はユナに任せて、ケンゴはトリガーへと変身します。
前回もそうだったのですが、最初のマルチタイプに変身するシーンは
変身バンクの映像を使わずに、現場で変身シーンを一発撮り。
変身エフェクトを合成する手間が発生するので、大変だと思うのですが
これはやっぱり毎回変身シーンを撮っていた
『ティガ』へのリスペクトが込められているのでしょう。
グリッタートリガーが地面から巨大化するように現れるのも
『ティガ』第1話などでお馴染みのティガらしい登場の仕方でした。

ダーゴンだけは幻覚を見せられていたと気付いていて、冷静ですが
カルミラとヒュドラムは我を忘れて激昂状態。
そこにトリガーも参戦したので、もう街は滅茶苦茶です。
第12話ではエタニティコアの力が暴走していた事もあり
グリッタートリガー1人で闇の三巨人を退けられましたが
今回はエタニティコアの力を制御しているだけでなく
カルミラとヒュドラムが完全にキレてしまっているからなのか
グリッタートリガー1人でも大苦戦・・・
今回の特撮シーンは合成に頼らない、夕陽の再現がお見事で
特に夕陽で逆光気味になっているシーンなんかは
本当の太陽なんじゃないか?と思うくらい、空気感まで再現されていて驚きましたね。
戦闘中にカルミラと向かい合ったケンゴは
カルミラがトリガーを失った辛さで泣いている事に気付きましたが
果たしてケンゴはカルミラ達を倒すのか?救うのか・・・?


■おこがましい試験だとは思わないか


ユナが追いかけた謎の男は
推測通り、モルフェウスRを地球に向けた黒幕である事が判明。
モルフェウスRには人間の欲望に作用する効果があり
トリガー、GUTS-SELECT、闇の三巨人といった強大な力を持った者達を
この『トリガー』の地球を導く、救世主になれる資格があるかを試したと言うのです。
しかし全員が自身の欲望に惑わされ、我を失い暴走。
唯一惑わされなかったのが、ユザレの力を持ったユナでした。
そんなユナの元へ闇の三巨人が迫る中、ミツクニさんも到着。
ミツクニさんはユナを守るためにGUTS-SELECTに入隊させましたが
ユナは激化する戦いにどんどんと巻き込まれる事になり
愛する娘をここまで危険な目に遭わせてしまったと後悔している様子・・・
しかし!ユナは3000万年前にユザレが消えてしまった記憶に怯えつつも
自分の力で誰かを守れるなら、守りたい!と覚悟を決めます。
この守りたいものが【笑顔】なのが良いですよね・・・
ケンゴと一緒に戦い続けて来て、無意識の内に影響されているのでしょう。

そこに応急処置が完了したナースデッセイとガッツファルコンが到着し
闇の三巨人に苦戦するトリガーを援護!
ユナもユザレの力を解き放とうとしますが、ユナの身体への負担が大きい・・・
それを見たミツクニさんはユナの覚悟を受け入れ
親子で力を合わせる事で、ユザレの力を覚醒へと導くのでした。
今回、ユナとミツクニさんの実景のシーンに
ほぼ必ずと言っていい程、闇の三巨人が合成されており
非常に臨場感が増す、良い効果を生んでいましたねぇ。
グリッターゼラデスとマキシマナースキャノンを受けて、闇の三巨人達は撤退。
平和が訪れたと思いましたが・・・


■人間は皆、自分自身の力で光になれるんだ!


救世主になれる資格があったユナも
直観的な感情で強大な力を発動したという事で
謎の男の救世主選抜試験には不合格。
その謎の男こそ、かつて『ティガ』の地球を混乱に陥れた
悪魔のような存在、キリエル人でした。
ミツクニさんが「この地球にも・・・」と言っていましたし
あくまで『トリガー』の地球のキリエル人、という事ですかね。
キリエル人はまるで自身こそが
強大な力を制御出来る救世主であるかのように
戦闘形態キリエロイドへと姿を変えて、トリガーに挑戦。
先ほどの戦闘でエネルギーの少ないトリガーに挑むとは卑怯な・・・
ハイパーモードファルコンちゃんとナースデッセイが合体した
まるで『DYNAZENON』最終回のダイナレックス+グリッドバーンナイトのような形態も
キリエロイドの獄炎弾を食らって、制御不能に。
絶体絶命のピンチの中で突如、ミツクニさんの身体が光り始めました。

ユナがミツクニさんの中に見た光。
ミツクニさんがかつて共に戦った超古代の戦士から貰った
勇気と希望が今もミツクニさんの中に光として宿っている。
その光をユナが解き放った瞬間、奇跡が起きました。

ウルトラマンティガ、降臨━━━!

『ティガ』最終回でガタノゾーアに敗れたティガを救ったのは
未来の希望を信じ続けた子ども達の光。
子ども達は光となって・・・いや!ティガそのものとなって
グリッターティガと共にガタノゾーアの闇を打ち砕きました。
そして『劇場版ティガ&ダイナ』では
ティガと共に戦い、勇気と希望を貰った子供たちの光が集まり
子ども達の光だけで、ウルトラマンティガは復活しました。
『ティガ』最終回でダイゴがレナに伝えた言葉。
そしてミツクニさんからユナへ、ユナからアキトへ伝えられた言葉。
人間は自分自身の力で光になれる。
その奇跡が25年の時を経て、再び『トリガー』で!!!



『ティガ&ダイナ』の時と全く同じモーションで
トリガーにエネルギーを与えるティガ。
流れるBGMはもちろん「光を継ぐもの」!しかも原曲Ver!!!!!
第9話でミツクニさんのガッツウイング1号が飛び立った際は
『劇場版ギンガS』の10勇士メドレーVerだったので
権利の都合で難しいのかと思っていましたが
もしかして今回の為に原曲を取っておいたのでしょうか・・・!?
Wパワータイプにチェンジしての格闘戦は
ミニチュアの狭さを感じさせない、ダイナミックな戦闘シーンに!
Wデラシウム光流もやってくれるんですね、やっぱり・・・!
それに耐え抜いたキリエロイドは、なんとキリエロイドⅡと同じ羽を生やして空へ!
ティガとトリガーもWスカイタイプへとチェンジして、空中戦を展開!
25年前の『ティガ』放送当時の技術では、スカイタイプの俊敏さを表現する事が出来ず
パワータイプに出番が取られがちだった訳ですが
見て下さいよ・・・この圧巻の空中戦を展開するスカイタイプを・・・!
Wランバルト光弾でキリエロイドを撃ち落とした後は
Wマルチタイプのコンビネーションでキリエロイドを追い詰め
最後はWゼペリオン光線でキリエロイドを撃破!!!
これが・・・!これが『ティガ』25周年・・・!
これがNEW GENERATION TIGA・・・!!!


■今週のスピンオフ



まずはYoutubeの『GRFボイスドラマ』から。
今回はポッコロとババルウ(RB)とVRトレーニングを行うリブット。
リブットの鬼教官っぷりにポッコロと(RB)は不満なのかと思ったら、意外と2人とも楽しそう。
リブットも異なる種族が同じ志を持って、共に戦う事が出来る
ギャラクシーレスキューフォースの貴重な体験を噛みしめていました。
ヒロユキ、君の理想の世界はこんなにも広がっているよ・・・!

お次は「ツブイマ」無料会員でも見れちゃう『マルっとナビ』!
今回はもうティガを紹介するしかないでしょう!
しっかりと3タイプ紹介してくれていましたよ!
列伝用に撮った懐かしい映像で・・・w

お次は「ツブイマ」有料会員のみ見れる『ナースデッセイ開発秘話』!
我々がナースデッセイと認識している戦艦ですが
この『開発秘話』の段階ではまだ名前が付いておらず
ホッタさんやマルゥルは「新型」としか呼ぶことが出来ず。
名前は偉い人が決めるだろうねぇとマルゥルとテルミちゃんが話していると
偉い人はどうのこうの・・・とホッタさんの愚痴が炸裂w
そんな中、名前が無事「ナースデッセイ号」に決まり
命名者がミツクニさんである事も『開発秘話』で判明。
何故、『ティガ』のアートデッセイ号の名前を
『トリガー』のナースデッセイ号が受け継いだのかも判明しますよ。




昨年の『Z』第19話「最後の勇者」もエース客演の大傑作回であり
もしかして『トリガー』第19話も・・・?と期待してはいましたが
まさか、本当にティガが登場してしまうとは・・・
しかも児童誌などに情報が掲載されない完全なサプライズ
その感動は何倍にも膨れ上がりました・・・
徹底された情報管制、円谷さんいつもありがとうございます・・・
『ティガ』大好き田口監督が撮られたという事もあって
上から目線で人類を見下しているキリエル人の解釈も『ティガ』と一致していましたし
ティガ3タイプの大活躍もティガが好きな人が撮った事が伝わってくるんですよね。
個人的に感動したのは、ティガの体形の再現度の高さでしょうか・・・
田口監督作『劇場版X』のティガも再現度が高くて感動したものですが
あれから5年経って、さらに進化した田口監督のティガ。
構えや戦闘スタイルも見事に25年前のティガのそのもので
もう・・・『ティガ』ファンとしては感涙ものでしたよ・・・

ティガを客演させる為の設定も難しかったと思いますが
『ティガ』最終章と『劇場版ティガ&ダイナ』の要素を絡め
しっかりと『ティガ』地球の出身であるミツクニさんから光が生まれるというのは
『トリガー』にティガが客演するにおいて、これ以上無いぐらい完璧ではないでしょうか。 
キリエル人と現代の社会問題を絡めた、重厚なドラマ展開も期待していましたが
ティガが客演するバラエティ回であるなら、この展開も納得。
むしろティガとトリガーが共闘するなら、敵はキリエロイドしかありえないでしょう。
今回のお話を見る事で、前回の意味深なシーンの謎が解けるようになっていますし
もう・・・見応えが凄いの何の。大満足でお腹一杯でございました。
こんな最高の回をスタッフの皆さん、ありがとうございました!

〈11/30 追記〉
放送から3日程経って、その間に何回も見直したのですが
見直して行く中で、色々と書きたい事がまた浮かんで来たので書き足させてください。
今回まず、個人的な感想にはなりますが
ティガの戦闘シーンに関しては100点満点だったと思います。
ティガ自身のスーツの完成度の高さもさる事ながら
『ジード』以降のゼロなど、逆三角形体形がとにかく美しい岡部さんがアクターで
権藤さんの体形もバッチリ再現出来ていたので
本当に『ティガ』TV本編のティガが蘇ったかのようでした。
3タイプも全て見せてくれて、3つの必殺技も出し惜しみ無く披露!
戦闘シーンの見応えは『ティガ』TV本編より遥かに進化していて
歴代で1番格好良いティガだったと思います。

ただ、ティガの客演回として100点満点か?と言われるとちょっと・・・なんですよ。
というのも、同じく客演回だった『Z』第19話を思い出してみると
第1話から最終回までストーリーの縦筋がしっかりしていた『Z』の中で
この第19話だけ、『Z』のストーリーが特に進展する事は無く
1話を最初から最後まで丸々使って、エースの客演をお膳立てしているんですよ。

別に『Z』のストーリーを理解する上で見なくて良い回
なんですよね。
バラバの角がD4になるのだけ理解出来ていれば問題無いんですよ。

一方で今回の『トリガー』第19話はご覧頂いた方なら分かる通り
物語中盤まで、闇の三巨人の関係性の変化の描写に注力していて
ティガの客演に関しては、後半の数分で畳み掛けている。
つまり、『トリガー』の客演回は客演に合わせて、『トリガー』の物語も進めようとしてるんですよ。
なので、どうしても1話丸々使って、ティガ客演を描いた回ならどうだったんだ?と思ってしまうんです。
おそらく『トリガー』は、全話を通して物語を進めるストーリーが構成されており
今回も『Z』の第19話のようなただの客演お祭り回で終わらせず、
『トリガー』のストーリーを理解する上で、視聴必須の回にしたかったのでしょう。
その意図は理解出来るんですが
もう少し、ティガ客演に注力出来るように
『トリガー』要素薄めでも良かったんじゃないでしょうか・・・ 
闇の三巨人の仲間割れも1話丸々描けそうな面白い要素ですし
それぞれをじっくり見たかった
という気持ちが湧いてしまいました。

さて、次回は?

こんなティガが客演したド迫力回をお出しされてしまうと
来週の回がどうしても霞んでしまうので・・・w
ここは一旦、総集編で休憩だ!!!
なんと大好評だったデバンチャンネルが再び復活!
トリガーダークを筆頭に、歴代の闇を総特集だ!
イーヴィルティガにベリアル、デモンゾーアも!?
総集編と侮るなかれ、何か伏線がある可能性もアリ!
見逃せませんよ~!

以上!ウルトラマントリガー 第19話「救世主の資格」の感想でした。
それでは~

  1. 2021/11/27(土) 11:29:30|
  2. ウルトラマントリガー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

DC超卵

Author:DC超卵
北海道札幌の大学4年生でウルトラマン好き。
幼少期見たバルタン星人特集VHSがキッカケで
『ウルトラマンシリーズ』にハマッてしまい、今も抜けられずにいます。
中学1年生の時、玩具シリーズ「ウルトラエッグ」の魅力を伝えたくて、このブログを始めました。
今は現行ソフビシリーズ&S.H.Figuartsの図鑑を製作しています。

ウルトラマン
現行サイズソフビ図鑑
続々更新中!



ウルトラマン
S.H.Figuarts図鑑
続々更新中!


ウルトラマントリガー
玩具図鑑
続々レビュー中!


ウルトラマンZ
玩具図鑑
続々レビュー中!



~連絡先~
dcultraegg1118♯gmail.com
(♯を@に置き換えてください~)
~Twitter~
@DCultraegg
相互リンク&ブロともの申請お待ちしています!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (11)
日記 (91)
ウルトラヒーローシリーズ      (一般流通・定番) (93)
ウルトラ怪獣シリーズ        (一般流通・定番) (167)
ウルトラヒーロー・怪獣シリーズ   (一般流通・その他) (55)
ウルトラヒーロー・怪獣シリーズ   (限定販売) (117)
S.H.Figuarts図鑑 (81)
ウルトラマントリガー玩具レビュー (27)
ウルトラマンZ玩具レビュー (40)
ウルトラマンタイガ玩具レビュー (13)
ウルトラマンR/B玩具レビュー (25)
ウルトラマンジード玩具レビュー (5)
ウルトラマンオーブ玩具レビュー (39)
ウルトラマンX玩具レビュー (46)
ウルトラマン玩具情報 (269)
ウルトラマン情報 (47)
シン・ウルトラマン (11)
UGF 運命の衝突 (2)
ウルトラマントリガー (30)
ウルトラマンクロニクルZ (26)
UGF 大いなる陰謀 (14)
ウルトラマンZ (47)
ウルクロZERO&GEED (17)
UGF ニュージェネヒーローズ (17)
ウルトラマンタイガ (41)
ニュージェネレーションクロニクル (8)
ウルトラマンR/B(ルーブ) (30)
ウルトラマンジード (18)
ウルトラマンゼロTHECHRONICLE (9)
ウルトラマンオーブ (64)
ウルトラマンX (48)
ウルトラファイトビクトリー (16)
ウルトラマンギンガ (27)
ウルトラマン列伝 (42)
SSSS. (16)
レッドマン (27)
ゴジラ (9)
イベントレポート (9)
サイバーカードリスト (1)
ソフビレビュー (24)
旧S.H.Figuartsレビュー (34)
ウルトラエッグ (21)
ウルトラエッグ Ver2 (3)
その他玩具レビュー (9)
企画倒れ (2)

Twitter@DCultraegg

ブートアップ!アクセスカウンター!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR