D・Cの超卵~(元)男子中学生のウルトラエッグ~

ウルトラエッグ好き高校3年の自己満足ブログ!
ウルトラマンシリーズの玩具中心のブログになっております~
4年目突入!総来場者数様20万人突破!!ありがとうございます!

ウルトラマンオーブを振り返る (劇場版&ファイトオーブ編)

DC超卵です
実はここ最近の記事は全て予約投稿していたものでした・・・!
今頃僕は学校祭準備に追われているはずです。
ああ、でもジードももうすぐなんですねぇ・・・!待ち切れない!!

そんなウルトラマンジードも放送開始まであと日!
ああ~明日の朝9時からですよ!楽しみですね。
3日連続企画の「ウルトラマンオーブを振り返る」も今日で最後!
3日目の今日は一気に2作品行っちゃいましょう!

logo_orb movie
まずは「劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」を振り返ります!

この作品はタイトルにもあるように劇場公開用作品。
2017年3月11日(土)から全国の映画館で上映されました。
劇場版はTVシリーズ最終回のその後を描いた作品となっており
ガイさんとナオミ達地球人との物語を締めくくる重要なお話となっていました。

この作品を見終わった後に一番強く感じたのは『ウルトラマンオーブ』だなぁ・・・と。
とにかく「オーブらしさ」に溢れた、ウルトラマンオーブの劇場版に相応しい作品になっているんですよ。
その「オーブらしさ」というのはこれまでのウルトラシリーズには無かったオーブ独特の要素や雰囲気。
そんなオーブが好きな自分にとって、オーブの良さが詰まったこの劇場版はとても面白かったですね~

確かにネットでも賛否両論あるように
ウルトラマンの映画として、そして特撮ヒーローの映画として見ると
若干引っ掛かるというか、微妙な評価になってもおかしくない作品だとは思います。
でも、これはオーブの映画なんです。オーブのTVシリーズにハマってしまった人なら絶対楽しめる映画になってるんです。
「オーブファンの為の映画」と言い切ってしまってもおかしくないくらい、とにかく「オーブらしさ」に溢れた映画なんですよw

個人的に嬉しかったのがやっぱりジャグラス・ジャグラーにたくさんスポットが当たったこと。
TVシリーズ「ウルトラマンオーブ」はクレナイ・ガイの物語であると共に、ジャグラーの物語でもありましたからね~
そんなもう一人の主役であるジャグラーがあんなに大活躍してくれたのは、ファンとして嬉しかったです。
あのサプライズシーンを初めて見た衝撃は一生忘れないと思いますw

他にはゲストヒーロー達の活躍も個人的にはグッと来るものがありましたね。
ウルトラマンエックス/大空大地がついに先輩ウルトラマンとなってオーブに客演。
何故か先輩なのに捕らわれの身で、後輩に助けてもらうというエックスと大地らしい登場でしたw
また、ギンガとビクトリーも声だけではありますが本人出演で客演。
ギンガ・ビクトリー・エックス・オーブという新世代ウルトラマンがついに勢揃い。
しばらく新作の無い時代を経験していた自分としては、この並びにグッと来てしまいましたねぇ・・・
そして50周年記念ということでウルトラセブン/モロボシ・ダンも登場。
セブンだからこそ出来るとんでもない方法で登場し、大活躍してくれましたね~w
アニバーサリーに相応しい格好良さでした。

「劇場版ウルトラマンオーブ」は総括するなもうそうだよ!これがオーブだよ!ですねw
オーブの魅力がこれでもかと詰まった素晴らしい劇場版だと個人的には思います!
オーブが好きなのに、まだ劇場版を見てないなんて人はもったいない!
今月28日に映像ソフトが発売開始ですので是非、ご覧下さい!

logo fight orb
オーブの振り返りもこれでラスト!
最後は「ウルトラファイトオーブ 親子の力、おかりします!」を振り返ります!

ファイトオーブは「ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE」内で放送されたミニコーナー。
完全新作ながら1話3分×全8話というそのお手軽さが特徴です。
そんなファイトオーブの魅力はなんといっても爽快感!
1話3分しか無いわけですから、ストーリーはとっとと進めなきゃいけない!
でもちびっ子を喜ばせる為にはバトルシーンは欠かせない!
となれば、それはそれはもう超絶怒涛のテンポでバトルとストーリーが展開していくのです!
その小気味よさ、爽快感がたまらない!それがファイトオーブの良さだと思います。

今回ファイトオーブの監督の努めたのがジードのメイン監督である坂本監督。
坂本監督といえば、ヒーローを格好良く撮ることに命を賭けており
ダイナミックなアクションと大迫力の特撮が特徴な、僕も大好きな監督の一人です。
そんな坂本監督の作風とファイトオーブの尺が見事にマッチするんですよね~
毎話、毎話短い時間の中で画面狭しと大暴れするオーブと怪獣が本当に格好良いんですよ。

また、ファイトオーブにはゲストヒーローも多数参戦。
ファイトオーブが放送されている番組の主役であるウルトラマンゼロはもちろんのこと
ゾフィー、セブン、ジャックといった伝説のウルトラ兄弟も登場。
彼らもまた坂本監督に料理されてしまい、最高に格好良いバトルをしてくれるわけですよ!
特にウルトラ兄弟はみんな、一度負けたことのある敵にリベンジマッチを行う形になっていて
名曲「♪ウルトラ6兄弟」をBGMに、リベンジを果たしていく彼らには本当に大興奮しましたよ。
やっぱり坂本監督は客演ヒーローの演出もさすがですねぇ~

主役であるオーブも今回は大活躍。
TVに登場した形態もサンダーブレスター以外、全て活躍の機会がありましたし
新形態のライトニングアタッカー エメリウムスラッガーも登場。
二形態とも素晴らしいデビュー戦を飾っていましたね~
是非とも、今後また活躍して欲しいものです。
また劇場版に登場したオーブトリニティも登場!
劇場版に匹敵する大迫力技を多数連発していたのが印象的でした。
オーブ初演出にも関わらず、あんなに格好良く仕上げる坂本監督・・・さすがです。

そしてファイトオーブの一番の見所は『衝撃のラスト』。
最後の最後に、まさかのウルトラマンジードがサプライズ登場。
これまた衝撃のデビュー戦となりました。
しかもこのファイトオーブ、「ウルトラマンジード」TV本編と繋がっていそうな描写が・・・?
本編で語られていない以上、あくまで推測にしま過ぎないのですが
あの消滅したギガバトルナイザーはただのファンサービスなのか?それとも・・・!?
ああ!もう教えてください!坂本監督!

なんだか坂本監督をほめただけのような気もしますが・・・w
「ウルトラファイトオーブ」はヒーローが強い!楽しい!格好良い!これに尽きます。
1話3分のヒーロー番組のまさにお手本に相応しい出来ですね。
1話に凝縮されたテンポの良いストーリーとド迫力のバトルがとにかく楽しい。
個人的にこちらもかなり好きな作品です。
12月にDVDが発売されるそうなので、是非未見の方は一度ご覧になって見て下さい。

という訳で、3日に渡って勝手に「ウルトラマンオーブ」を振り返ってみましたがいかがだったでしょうか。
7月のTV放送開始から、6月のファイトオーブ最終回まで約1年間。
何らかの形でオーブの新作に触れられるというのは嬉しかったですね~

・「ウルトラマンオーブ」
・「ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA」
・「劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」
・「ウルトラファイトオーブ 親子の力、おかりします!」

どの作品も個人的には思い入れ深い、特別な作品になりました。
記事を書きながらオーブのことを振り返っていましたが、やっぱりオーブは面白かったですねぇ。
そんなウルトラマンオーブですが、ついにメインヒーロー交代の時。
明日から新たなるウルトラヒーローが地球に駆けつけます!

新番組「ウルトラマンジード
明日、7月8日(土)朝9時からテレビ東京系で放送スタート!


明日!明日からですよ!
悪のウルトラマン ベリアルの息子、ウルトラマンジードがついに大暴れです!
玩具も同時展開開始ということでもう、8日が待ち切れない!!!!
明日の新番組「ウルトラマンジード」!皆さん絶対お見逃し無く!
それでは~!
スポンサーサイト
  1. 2017/07/07(金) 20:00:00|
  2. ウルトラマンオーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ウルトラマンオーブ」を振り返る THE ORIGIN SAGA編

DC超卵です
棚が一杯になってしまったので、ジードの玩具をどうやって並べようか・・・とニヤニヤしていますw
やはりこういう瞬間が何ともいえない楽しさを醸し出すのです・・・w
ああ・・・早くジードライザーで遊びたい・・・

そんな「ウルトラマンジード」放送開始まであと日!
昨日に引き続き、ジードの前作「ウルトラマンオーブ」について振り返る!
logo_orb saga
2日目の今日は『THE ORIGIN SAGA編!』
2016年12月~2017年3月までAmazonプライムビデオにて独占配信された
スピンオフ作品「ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA」を振り返ります!

2016年4月、Amazonプライムビデオ独占配信の完全新作「仮面ライダーアマゾンズ」が発表。
ネット配信という強みを生かし、テレビでは放送出来ないような挑戦的な展開が多く、配信当初から大きな話題を呼びました。
特撮ファンからしてみれば「仮面ライダーがアリなら、ウルトラマンも・・・?」とついつい思ってしまうのですがw
見事、ウルトラマンもAmazonプライムビデオ独占配信の完全新作の製作が決定。
当時最新作だった「ウルトラマンオーブ」のスピンオフであることが発表されました。

それから「ウルトラマンオーブ」のTV放送が始まり、ストーリーもクライマックスに。
そんな中、「ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA」の情報もついに解禁。
TV第1話以前に様々な事件が起きているということが何度も本編で語られていた中、
主人公クレナイ・ガイのルーキー時代を描く前日談ということが明かされ、それはそれはワクワクしたのでした。

さて、12月26日から配信開始となった「THE ORIGIN SAGA」。
3ヶ月に渡り、全12話が配信されたのですが、それそれはもう賛否両論でしたね・・・
僕自身もこの作品は生意気ながら勿体無い作品だったなぁ。とずっと感じているのです・・・
まず、一つここで確認しておきたいのが「ウルトラマンオーブ」という作品の世界観。
メイン監督の田口監督によるとオーブは全部で10個のエピソードが成り立つ壮大なストーリー。
TVシリーズはエピソード6、劇場版はエピソード7。そして前日談であるこのORIGIN SAGAはエピソード1に当たります。
TVでは過去に起きた出来事が重要な鍵を握っており、その過去の謎を解き明かしていくのもメインのストーリーでした。
しかしながら、その出来事が該当するのは残念ながらエピソード4や5!
さらにはファン人気の高かったガイとジャグラーの出会いなどはORIGIN SAGAよりも前のお話。
TVでずっと秘密のベールに包まれていた過去の謎は、残念ながらORIGIN SAGAではほとんど明かされなかったのです。

「自分の見たいものじゃ無かっただけで批判するのはどうなのだ!」という方が居るのもよく分かります。
何より、この「THE ORIGIN SAGA」はTVシリーズと同時に製作しなければいけなかった為、辻褄合わせは困難。
さらにTVシリーズに寄せた作風にした後に、TVシリーズが大失敗したりなんてしたらそれはもう大変なことに。(実際は大成功でしたが)
そういった大人の事情もいろいろあるので仕方無いのかとは思うのですが
しかし!この「THE ORIGIN SAGA」には個人的には譲れない惜しい点があるのです。

それは作風&ストーリー展開。
これは前述の通り、TVシリーズとは大きく異なる様々な惑星を巡るスペースオペラな作風に。
さらにはダイナ・ガイア・アグル・コスモスという四大平成ウルトラマンが全員役者の方が本人客演で集結。
TVでは見ることの出来なかった、オーブと先輩ウルトラマンの共闘なんかも見ることが出来ました。
そしてこの「THE ORIGIN SAGA」で描かれたのは正義とはなんなのか。ということ。
宇宙を全て一つの意思で統一してしまえば争いが無くなると考えるドクターサイキと
一人一人の意志が違うから新たな可能性が生まれると対立するウルトラマン達。
「ウルトラマンは神では無いし、ウルトラマンも絶対正しいわけではないのでは?」と問いかける
TVでは決して描けないであろう正義と正義のぶつかり合い。ネット配信ならではのストーリーです。
これには「う~ん・・・」と深く唸って考えてしまうほど、中々難しいテーマだぞ・・・と思ったのですが
どうもそれがうまく描かれていないんですよね。映像中で。
監督の方と脚本家の方の伝えたいことは非常に良く分かるのですが、それが個人的には描かれていると思えないのです。
それどころか、歴戦の勇士であるダイナやコスモスが苦悩するシーンでは街の被害が逆に拡大してしまっていたりと
「あれ・・・?」と思うシーンもチラホラ・・・
個人的にはそういった粗が非常に気になってしまう作品になってしまいましたねぇ。
描こうとしていたテーマは素晴らしいだけに、そこが生かされなかったのが「勿体無いなぁ」と感じてしまうのです。

ただ、この「THE ORIGIN SAGA」は決して嫌いな作品では無いんですよね。
TV本編であんなに先輩ウルトラマンを慕っているガイさんが本人に会ったらどうなってしまうんだろうと思っていただけに
ダイナ/アスカやコスモス/ムサシに会った時のガイさんにはついニヤニヤ・・・w
また久しぶりのゲスト出演となったガイア/我夢にアグル/藤宮!
アグルなんてあのガイア第41話「アグル復活」の名シーン再現で登場という素晴らしい見せ場まで!
最終回ではアスカ&我夢&藤宮&ムサシ、そしてガイさんの5人同時変身シーンなんていう最高に熱いシーンもありました。
中々揃うことのない方々なので、初めて見た時はやっぱり胸に来るものがありましたね~

そしてもう一つ好きな要素がやっぱりもう一人の主役ジャグラス・ジャグラー。
自分より劣っていると思っていたガイにオーブの座を奪われ、どんどん転落していくジャグラーを見ることが出来ました。
それ以外にもTV以前のガイに友情を感じていた頃のジャグラーも見れたり
TVで印象的な活躍をしてくれた魔人態になった経緯も判明。
ジャグラーの大ファンである自分にしてみれば嬉しいことも多かったです。

でもやっぱり「THE ORIGIN SAGA」は何かが足りない作品。
その何かはなんといってもオーブらしさではないでしょうか。
TVシリーズのファンの方が感じた面白さはオーブ独特の雰囲気の賜物。
その雰囲気がORIGIN SAGAからは個人的にはあまり感じられませんでした。
いやまあ、スピンオフなのでそれは当然と言われても仕方ないのですが・・・
オーブの前日談というからには、そういう部分も残しておいて欲しかったですね。
でも!初のネット配信作でこういった意欲作が飛び出たというのは嬉しい事!
オーブの雰囲気も好きですが、ORIGIN SAGAの雰囲気も好きなのです!w
今年はどうなるかは分かりませんが、是非今後もこのネット配信の枠は継続して欲しいですね!

さあ!本日はここまで!
3日連続のこの企画もついに明日で最終回。
DC超卵のオーブの想いを是非、暇つぶしにご覧下さい・・・
そして、新作「ウルトラマンジード」放送開始まであと日!

ああ!!興奮で汗が止まりませんね!
皆さんもジードに向けてスタンバイを!
それでは~

  1. 2017/07/06(木) 20:00:00|
  2. ウルトラマンオーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ウルトラマンオーブ」を振り返る TV編

DC超卵です
札幌で全然、ウルトラマンのイベントが無くてモヤモヤしています。
ジードに会いたいんですけどねぇ。札幌には来てくれないんでしょうか・・・
また初めて会えるのはウルフェスになりそうです。

そんな「ウルトラマンジード」も放送開始まであと日!
もう玩具の発売&放送開始が待ち遠しくて、仕方無いのですが
ここは一旦落ち着いて、ジードに向けて『あの作品』を振り返ってみようかな、と。
あの作品とはもちろんコレ!
logo_ORB.png
昨年の2016年7月9日から放送開始になった「ウルトラマンオーブ」!
今日から3日連続でオーブシリーズについて感じたことを書き殴って行こうと考えております!
まず1日目は『TV編』!
2016年7月~12月まで放送された『TVシリーズ』を振り返ります!


ウルトラマンシリーズ50周年という記念すべき年である2016年。
そんな年にこの「ウルトラマンオーブ」が放送されました。
記念作ということもあり、放送開始前から大いなる期待と不安が寄せられていましたが
その不安は一気に吹き飛び、非常に高い評価を得た作品となりましたね!
そんな高評価を得た一番大きい要因だと個人的に思うのが
やはり伝統から大きく外れた、斬新な設定の数々。」
これがオーブの一番の魅力であり、一番ウケた要素の一つだと感じています。
ウルトラシリーズが50年も続いてきた理由ってやっぱり「安心感」だと思うんですよね。
でもオーブはそこを外して来た。しかも50周年で!これが凄いことだと思うのです。
そういった今までのウルトラシリーズには無かった要素の数々がきっと新しいファンも取り込んで行ったのでしょう。

そんな設定の中で特に斬新だったのはやっぱり
主人公のクレナイ・ガイ。そしてライバルキャラクターのジャグラス・ジャグラー
この2人が本当にオーブという作品を大いに盛り上げてくれました。
ガイさんはやっぱり、今までのウルトラシリーズには居なかった独特の主人公でしたよね~
でも、どこかヒーロー番組のお手本のような正統派の魅力を兼ね備えていると思うのです。
昭和チックな熱い魂の持ち主で、ラムネが好きな変わったお兄さん。
しかしその裏には大事な人を失った悲しみを背負っている・・・
その悲しみを乗り越え、自分本来の姿オーブオリジンを取り戻した時は本当に感動しました。
まさに子供達が憧れる理想的なヒーローだったと思います。
ジャグラーもこれまたウルトラシリーズでは珍しいライバルキャラクター。
これまでもヤプールや、エンペラ軍にダークルギエル一味と何話も登場する敵キャラクターはいましたが
ジャグラーは『敵』では無く、完全にもう一人の主人公として扱われているんですよね。
ガイさんがオーブオリジンに覚醒した第17話でガイさんの成長物語は終わり。
18話から最終回にかけては、ジャグラーの物語だったと思っています。
そんなジャグラーも狂ったサイコパスなのかと思いきや、ガイに嫉妬するという人間味溢れるキャラクター。
こんなジャグラーの持つ魅力もオーブの人気の要因といえるでしょう。

また、オーブの魅力としてもう一つ外せないのはやはり「ストーリー展開」。
まずウルトラシリーズでお馴染みだった防衛軍の活躍が最小限に!
主人公のガイさんはもちろん防衛軍メンバーではありませんし
主要キャラのナオミ・ジェッタ・シンも怪奇現象大好きの一般人!
防衛軍を話の中心に置かないことで、実にバラエティ豊かなお話が多数生まれました。
防衛軍は存在していますが、ほとんど役に立っていないというのはやっぱり型破りで斬新でしたね~
そしてメインストーリーの縦軸が非常にしっかりしていたのもオーブの特徴の一つ。
これまでも「ネクサス」や「ギンガ」など連続性のあるストーリーの作品はありましたが
オーブは1話完結のお話の中にメインストーリーの謎の数々が散りばめられていたんですよね。
なので従来のウルトラシリーズらしさもありながら、新世代のウルトラシリーズらしさも兼ね備えている
もうハイブリットなストーリー展開がとにかく毎週見ていて圧巻でした。
ガイさんとジャグラーの因縁が徐々に明らかになっていくのはやっぱり見応えがありましたよ。
1話完結のお話の完成度も非常に高いですし、ストーリーが大きく動く前後編のお話も熱い!
毎週、毎週本当に面白かったですね~
個人的には第9話「ニセモノのブルース」に、第18話「ハードボイルドリバー」。あとは第22話「地図にないカフェ」!
さらには第11・12話のマガオロチ編に、16・17話のオーブオリジン覚醒編と大好きなお話ばかりです。

そんなメインストーリーのテーマとなったのが
ウルトラシリーズでも「ティガ」や「メビウス」で度々扱われてきたお馴染みのテーマですね。
しかし、今回のオーブはいつもとは一味違いました。
それは「闇すらも受け入れてしまった」ということ。
ティガは闇の化身・ガタノゾーアをみんなの光の力で打ち倒し
メビウスは闇の権化・エンペラ星人を光に還すことに成功しました。
しかし、オーブは闇を否定する事無く、闇を持っていることの重大さを説いたのです。

どんな人間にも闇がある。闇があるから光がある。
心に闇があるからこそ、世界を照らすことが出来る。

闇=敵・悪という概念が定着している中で、こういったメッセージが飛び出してくるのも衝撃的でした。
それもまた、ガイとジャグラーという二人の主役とぴったり当てはまっているのが素晴らしいんですよね。
オーブはとにかくいろいろな部分が斬新さで溢れていると思います。

そしてこのヒーロー番組の顔といえるのがやっぱり主役ヒーロー「ウルトラマンオーブ」。
今回は2人のヒーローの力を『お借りして』、変身するというまたまた斬新な設定。
発表当時は「また過去作に頼るのか!」という声が多かったのを覚えていますね~
自分自身も小さい頃から妄想していた「融合ウルトラマン」の実現に興奮した反面、
「ついにここまで来たか・・・」という気持ちもあったり・・・w
ところが放送を見てみると、どうでしょうか。
合体したウルトラマンをこれでもか!と彷彿とさせるリスペクトの数々。
必殺技、ファイトスタイル、変身バンク、SE・・・・・etc
実にヒーローらしく、「格好良い」ウルトラマンオーブがそこには居ました。
そして何よりガイさんの腰の低さ!「光の力、おかりします!」というパワーワード!w
もうなんかそれだけで許せちゃうんですよねw
基本形態のスペシウムゼペリオンにパワー重視のバーンマイト。さらに素早いハリケーンスラッシュとバランスは完璧。
さらにオーブという作品のテーマである「光と闇」という重要な要素を背負ったサンダーブレスターの登場は衝撃でしたね。
あんなに大暴れするウルトラマンがまさか2016年にTVで見れるとは思っていませんでした。

そんな個性豊かな形態が多数登場する中、物語の佳境ではオーブの最強形態が登場。
しかしその最強形態がまた衝撃的!
なんと誰の力もお借りしない、ウルトラマンオーブ オーブオリジンなんですからもうビックリですよ!
これまでは2人のウルトラマンのデザインを混ぜていたので、それはもう情報量多めのド派手スタイルだったのに
一気に情報量は減って、初代ウルトラマンに匹敵するシンプルさに!
最強形態は基本形態!これにはもう心の底から「斬新すぎるだろおおお!!」と大興奮しましたよw
どんどん複雑になって行くヒーローのデザインに一石を投じた革新的なアイデアだったと思います。
また、しかも本来の姿を取り戻すというのが密接にストーリーと関わっているのも最高に熱い!
そんなわけでオーブオリジンはここ最近のウルトラマンでも特別好きなウルトラマンになってしまいました。
やっぱりオーブは格好良いんですよね!半年間夢中になれたのはこれも原因の一つだと思います。

ダラダラと書きましたが、オーブTVシリーズを総括するとするなら
伝統斬新フュージョンアップ!これに尽きます。
いや、最初「斬新な設定が凄い!」と言いましたけども!w
その斬新な設定はやはりウルトラシリーズの王道、そして伝統の枠の中だからこそ輝くんですよ。
これまでのウルトラマンらしさを生かしながらも、今まで無かったものをオーブは描いたんですよね。
それが「ウルトラマンオーブ」という作品の特徴であり、一番の魅力だと思います。
50周年記念という年に記念作を作るのでは無く、これからの新世代ウルトラマンのスタートを決める。
意欲作「ウルトラマンオーブ」。半年間、応援してきて良かったと心から思える素晴らしい作品でした。

さあ!本日はここまで!
残り2日は一体どんな独り言が飛び出すのか!?
DC超卵の自己満足オーブ振り返り企画、次回にご期待ください。
そして何度も言いますが、新作「ウルトラマンジード」放送開始まであと日!

こちらも楽しみにしていましょう!
それでは~
  1. 2017/07/05(水) 20:00:00|
  2. ウルトラマンオーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ウルトラファイトオーブ」 第8話(最終回) 感想

DC超卵です
うっかり忘れていましたが「ウルトラレプリカ」シリーズの新作が発表になっていますね。
http://p-bandai.jp/item/item-1000115185/?utm_source=search&utm_medium=pc&utm_content=imglink
今回は「ブラックスパークレンス」、また3000個限定で、平日の昼に予約受付開始です。
スパークレンスの色変え商品ですけど、どういう音声仕様になってるんでしょうか。
しかも、これ予約開始日まで仕様が判明しないんでしょうね、いつも通りだと。
仕様を見てから買おうにも、争奪戦になって売り切れてる・・・なんてことがあるかもしれません。
う~ん・・・よく見ると色が間違ってたりしますし、これは買おうか迷いますねぇ。


本日は週末の土曜日!「ゼロ THE CHRONICLE」が放送されました。
logo fight orb
そして、そして!8週に渡って放送された完全新作ミニコーナー。
「ウルトラファイトオーブ」が今回で最終回を迎えました!!!

オーブがセブンとゼロ、親子の力をおかりして変身した新たなる姿、エメリウムスラッガーで
ついに今回の黒幕、レイバトスと決着を付ける!
不死身のレイバトスを倒すには、怒涛の攻撃で蘇らせる隙を与えさせない!
頭部の3本のスラッガーを駆使した、俊敏な攻撃の数々でレイバトスを圧倒。
ついにレイバトスを完全に撃破し、宇宙に平和が戻りました。
光の国に戻り、ウルトラ兄弟達から評価されるオーブ。
宇宙警備隊にも誘われましたが、彼は銀河の風来坊。
オーブからガイへと戻り、再び宇宙をさすらう旅に出たのでした・・・

不死身のレイバトスは再び蘇り、何としてでも宇宙を支配する為に
ギガバトルナイザーの本来の持ち主であるウルトラマンベリアルを蘇らせようとします。
しかし、ベリアルは蘇らない。まさかベリアルは既に復活しているのか?
その時、まだ誰も知らない新たなる戦士がレイバトスを打ち砕いた━━━


いや~!!!!!!!!!!素晴らしい!!素晴らしい最終回でした!
もう3分間という僅かな尺でこんなに大興奮出来るとは!
凄いですね、ファイトオーブ!ああ~面白かったです。

今回のバトルシーンはとにかく勢いが凄い。
挿入歌として「♪オーブの祈り」を流してくれるのはもう分かってるなぁ!と。
3本のスラッガーを駆使して、レイバトスに反撃させないオーブにも痺れました。
そして!ウルトラノック戦法ですよ!?スラッガー3つで!いや~やられましたね。
ゼロのあの名台詞を言いながら、レイバトスを撃破するのも格好良かったです。

これでめでたし、めでたしかと思われましたが
異様な雰囲気を醸しながら、消えて行くギガバトルナイザー。
ゼロはその気を見逃しませんでした。
やはり死んでいなかったレイバトスはベリアルを蘇らせようとしますが蘇らない。
何故ならそう、ベリアルは既に復活しているからです。
これ、ゼロシリーズを全て見たことある人なら「当たり前だろ」となるシーンではありますが
このゼロクロニクルで初めてゼロとベリアルの戦いを追っている人はまだベリアル復活を知らないんですよね!
あくまでファイトオーブは「ゼロクロニクル」内のミニコーナー。なるほどな~と関心していました。
そんな動揺しているレイバトスの前に、謎の人影が。
今まで各所で言われていた「ファイトオーブ、衝撃のラスト」とはコレだったんですね!
ウルトラマンベリアルの息子という衝撃のニューヒーロー!ウルトラマンジード登場!
必殺技のレッキングバーストでレイバトスを瞬殺してしまいました。
う~ん!華々しいデビュー戦。格好良かったですね~!
何であそこに居たのとか、時系列とか、いろいろ気になる所はありますが気にしちゃいけない!w
もしかしたら、「ジード」にオーブが客演したりする伏線かも・・・?
伏線といえば、ギガバトルナイザーは一体どうなってしまったのか?
もしかしてベリアルの手元に!?
ベリアルはジードの物語の前に「クライシス・インパクト」という事件を起こしているみたいですが
この事件にギガバトルナイザーを使ったんじゃないかと、考察してみたり・・・
ただのファンサービスと言ってしまえば、それまでですが何かあるのでは?と期待してしまいますね!
ジードの放送開始がますます楽しみになりました。
(そういえば、ゼロってベリアルが復活したことを知っているんでしょうか・・・?
 列伝での総集編などだと知っていそうな雰囲気でしたが・・・果たして。)

そう、巷はもうジード!ジード!と大盛り上がりですが
この「ウルトラファイトオーブ」で「ウルトラマンオーブ」という作品はフィナーレを迎えました。
7月から12月までTV版が放送され、1月から3月はAmazonプライムビデオの「オリジンサーガ」。
3月には「劇場版オーブ」も公開され、4月から6月は「ウルトラファイトオーブ」と
この一年間、オーブ尽くしで本当に楽しかったです。
凄いですよねぇ、ついに1年間何らかの形で新作を見ることが出来たんですから。
ウルトラシリーズが復活して来ているんだなぁと強く感じます。

そんなオーブシリーズを締めくくる「ウルトラファイトオーブ」のラストは
今まで力をお借りしてきた、先輩ウルトラマン達に直接認められ
さらには宇宙警備隊に誘われるも、風来坊らしくそれを断り、旅に出る。という
ガイさんらしい、そしてオーブらしい素敵なラスト!
そこで警備隊には入らず、またふらふらし出すのがガイさんなんですよね。
オーブという作品を凝縮したような、素晴らしいフィナーレでした。
またいつか、ガイさんそしてジャグラーに会える日を楽しみにしています。

オーブ最終回からTV新作に飢えていた、ウルトラファンを救ってくれたw
「ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE」も残り3話!
来週からは「ウルトラゼロファイト」が放送スタートです。
「ファイトオーブ」の元祖ともいえる、この作品。
ノンストップバトル!怒涛のアクションをお見逃し無く。

以上!「ウルトラファイトオーブ」 最終回第8話の感想でした!
それでは~
  1. 2017/06/03(土) 17:52:37|
  2. ウルトラマンオーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「ウルトラファイトオーブ」 第7話 感想

DC超卵です
フィギュアーツでダダとオーブ スペシウムゼペリオン。
そしてジャグラス・ジャグラーの発売が決定したみたいですね。
ダダもあの塗装を忠実に再現してくれるのが非常に楽しみですし
スペシウムゼペリオンもやっぱりオーブの最初の姿ですからね~
何より、ジャグラー。待ちわびていましたよ、ジャグラス・ジャグラーを!
いや~オーブの人気は凄いですね。アーツ自体の勢いも凄いです。
是非、この流れでティガなど平成ウルトラ達にもスポットが当たりますように・・・

今日は土曜日ですよ!「ゼロ THE CHRONICLE」の日です!

完全新作の「ウルトラファイトオーブ」最新話も放送されました!
logo fight orb

修行を重ね、親子の力を借りられるようにパワーアップしたオーブ。
新たなるフュージョンアップ エメリウムスラッガーに変身しました。
タイラントに苦戦するゾフィーとジャックの元に駆けつけ、タイラントを圧倒。
セブンとゼロとの強力技で、タイラントを撃破しました。
今こそ、レイバトスと決着の時!最終決戦へ!

いや~1話からチラチラ見せてきたエメリウムスラッガーがついに本格登場。
最高に格好良いアクションを見せてくれました。
親子の気持ちが分かるということで、セブンともゼロとも良いコンビネーション。
10年間ずっと一緒に居ただけありますねぇw
タイラントをあっさり倒してくれたのが素晴らしかったです。
ゾフィーとジャックはリベンジ出来なかったのは残念でしたね~w
何より必殺技のトリプルワイドショットがもう格好良い!
セブンが若者達に合わせてしっかりと技名を叫んでくれるのも嬉しかったですw

ラストではついにレイバトスとオーブの1VS1のバトルへ!
果たして勝利の女神はどちらに微笑むのか!?
そしてウルトラシリーズ一のインパクトとも噂されている、衝撃のラストとは!?
「ウルトラファイトオーブ」次回ついに最終回です!

「ウルトラマンサーガ」の分割放送も最終章!
来週のゼロクロも見逃せませんよ~!!

以上!「ウルトラファイトオーブ」 第7話の感想でした。
それでは~
  1. 2017/05/27(土) 17:19:33|
  2. ウルトラマンオーブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

DC超卵

Author:DC超卵
北海道高校3年のウルトラマン好き。
小さい頃にバルタン星人特集VHSを見たおかげで
「ウルトラマンシリーズ」にハマッてしまい、
今も抜けられずにいます。
中学1年生の時、玩具シリーズ「ウルトラエッグ」の
魅力を伝えたくて、このブログを始めました。
現在は「ウルトラカプセル」の発売を待ちわびています。


~連絡先~
dcultraegg1118♯gmail.com
(♯を@に置き換えてください~)
~Twitter~
@DCultraegg
相互リンク&ブロともの申請お待ちしています!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
日記 (65)
ソフビレビュー (24)
ウルトラマンジード玩具レビュー (4)
ウルトラマンオーブ玩具レビュー (39)
ウルトラマンX玩具レビュー (46)
S.H.Figuartsレビュー (13)
ウルトラエッグ (21)
ウルトラエッグ Ver2 (3)
その他玩具レビュー (7)
ウルトラマン玩具情報 (180)
ウルトラマン情報 (44)
ウルトラマンジード (7)
ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE (8)
ウルトラマンオーブ (61)
ウルトラマンX (48)
ウルトラファイトビクトリー (16)
ウルトラマンギンガ (27)
ウルトラマン列伝 (42)
レッドマン (27)
イベントレポート (6)
サイバーカードリスト (1)
ゴジラ (6)
企画倒れ (2)

Twitter@DCsuperegg

ブロとも様一覧


白皇学院裏生徒会

特撮好きはっちゃんのブログ

ベルのスーパーヒーローブログ~祝円谷プロ50周年ギンガ祭り~

☆タッツヒャックのブログ☆

DC超卵が選ぶベストウルトラエッグ
(購入の参考になれば幸いです)

01位 キングジョー 
劇中どおりの変形が楽しい
02位 ナース  
卵から変形したとは思えない再現度
03位 恐竜戦車 
車輪が付いていてコロ走行可能
04位 ガッツ星人 
1つの卵から2人の宇宙人に!お得です
05位 メトロン星人 
ちゃぶ台が付いてくるのが嬉しい
06位 ガンQ     
変形が楽しく、再現度が高い
07位 グドン    
A・Tモードがかなり格好良い(←グドン好き)
08位 メルバ    
変形が独特でA・Tモードもかなり実物に忠実
09位 イカルス星人 
900円とは思えない衝撃の可動範囲
10位 ピグモン   
かわいい。レアなのが惜しい。  

アクセスカウンター アクティブ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR