D・Cの超卵~(元)男子中学生のウルトラエッグ~

ウルトラエッグ好き高校3年の自己満足ブログ!
ウルトラマンシリーズの玩具中心のブログになっております~
4年目突入!総来場者数様20万人突破!!ありがとうございます!

ウルトラマンジード 第6話「僕が僕であること」 感想

DC超卵です
初めてアルバイトで10時間勤務しました。
いや~しんどかったですけど、今日の給料を計算するとニヤニヤが止まりませんね。
え?労働基準法違反?気にしない、気にしない・・・w

logo_geed.jpg
さあ!土曜日ですよ~!!「ウルトラマンジード」最新話の放送日です!

本日放送されたのは第6話「僕が僕であること」です。

前回のラスト、突如出現したベリアル融合獣サンダーキラーにジードが立ち向かった所から物語はスタート。
サンダーキラーにまったく歯が立たず、押されるジード。
その時、ジードの応援に久しぶりにゼロが登場。しかし、ゼロを見た瞬間サンダーキラーは消えてしまいました。
世間はベリアルに似ていて怪しいジードよりも、格好良くて強いゼロに注目が集まります。
それを知って、ライラするリクは、レイトと喧嘩を始めてしまいます。
そこで!二人の職業ウルトラマンとサラリーマンを入れ替えてみて、どっちが大変か競うことに。
でも結局どっちも大変で二人は和解。リクも気持ちを入れ替えます。
親がどうとか、見た目がどうとか関係無い、「僕は僕でいようと思うから。」
これが今回のサブタイトルにも繋がってくるわけですね~!
ベリアルの息子であるという、生まれながらの宿命に刃向かおうとするリクの想いが伝わってきますよ。

また、今回はレイトもかなり良いお兄さんキャラになって来ているな~と感じましたね。
守りたいものがあるから頑張れる、と守るものがある事の大切さをリクに説いてくれました。
さすがは社会人。大人ですねw
そんなレイトですがゼロに変身した時の高揚感に思わずハマってしまった様子w
中々戦闘に参加してくれないゼロですが、レイトゼロの初戦闘はいつ見れるのやら・・・
そういえば、ゼロにもついにあの拳グングンの変身バンクが与えられましたね~w
おめでとう、おめでとう!

第2のベリアル融合獣であるサンダーキラー
エレキングとエースキラーのフュージョンライズということで、攻撃力はかなり高め。
ソリッドバーニングですら、パワー負けしてしまいました。
デザインもエレキングにエースキラーを彷彿とさせる甲冑が付いた非常に秀逸なデザイン。
個人的にはかなり好きな怪獣の1体です。

そんなサンダーキラーを倒す為に、リクが意思を強く持った時
新たなる武器ジードクローが突然出現!w
レムが作ってくれるのかと思っていましたが、急に召還されるんですねw
その性能は中々のもので、あっさりとサンダーキラーを撃破してしまいました。
う~ん、かなりおもちゃが欲しくなる演出でしたねw
そういえば何の説明も無く、レッキングバーストやジードクローを使いこなすリク。
お約束といえばそれまでなのですが、何かの伏線だったりするのでしょうか・・・

今回はついに大きな謎である伏井出ケイの正体にも少し近付けましたね。
なんと、ベリアルから力を与えられている様子。
これは伏井出ケイ=ベリアルは無くなったのではないでしょうか?
もしかしてベリアルが憑依しているのか?はたまた、ただの一般人がベリアルを崇拝しているのか?
まさかダークネスファイブ 魔導のスライなのか!?w
うーん・・・逆に謎が深まりましたね。
他に感じたのは、レムも結構怪しいというか良い奴では無いよな~とw
いろいろと今回も意味深なことを言ったりしていましたし、裏がありそうな感じです。

どんどん物語は盛り上がって行くジードですが、やはりお話が面白くなると気になってくるのは玩具の販促。
今回は3タイプのフュージョンアップが披露されましたが、3タイプともフルでバンク映像が流れましたね。
これはまあ販促期間なので当然と言えば当然なのですが、気に入らない人は居るんじゃないかな~と。
実際、僕も少しデンポが悪いなと感じてしまったんですよね。
また、ジードクローもDX玩具を売らなければいけないのでリクが操作するシーンがたくさんありましたが
これも抵抗がある人、結構居るんじゃないでしょうか?
まあこのご時世、おもちゃを売らなければいけないんですよ。仕方ないですね。
おもちゃを持っているちびっ子達が放送を見て、喜んでくれるなら良いでしょう。
むしろおもちゃを持っている僕自身もテンション上がったりしちゃうのですw

レイトに言われた「大切なもの」を見つける為に、世界を守ることを誓ったリク。
その決意を固くしたジードはさらに強くなれることでしょう。
ラストはライハに少し、「大切」という感情を抱いたみたいですね。
負けるな!モア!w まだチャンスはあるぞ!
そんなほのぼのムードで終わった6話ですが、伏井出ケイの計画は順調。
来週ついに本格的に動き始めるようです。

ついに伏井出ケイがリク達に接触。
ケイがレイトに牙を向く!?
なんと最恐ロボット ギャラクトロン登場!序盤から大丈夫なのか!?ジード!
次回「サクリファイス(犠牲)」。一体、誰が犠牲に!?

ゼロビヨンド登場も控えているジード。来週も見逃せませんね。

以上!ウルトラマンジード 第6話「僕が僕であること」の感想でした!
それでは~
  1. 2017/08/12(土) 22:20:32|
  2. ウルトラマンジード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ウルトラマンジード 第5話「あいかた」 感想

DC超卵です
明後日はついにウルフェス!!いや~待ちきれませんね!
一体どんな興奮と感動が待っているのでしょう!!
待ってろよ~!東京!!!

logo_geed.jpg
今日は土曜日!8月に入って初めてのジードも放送されましたよ~!

本日放送されたのは第5話「あいかた」です。

今回描かれたのは売れない芸人と小さな怪獣との心温まるお話。
メインキャラクター達の紹介が終わり、ようやくウルトラシリーズらしい1話完結に・・・と思ったら!?
売れない芸人・新井タカシは、ヒーリング能力を持っており、そのビジネスで大儲け。
リク達がリトルスターを持っているのでは?と疑い、直接会ったところ
リトルスターを持っていたのはタカシでは無く、そのタカシの飼っていた謎の怪獣モコでした。
そんなかわいいモコでしたが、危険ということでモアに回収されてしまうことに。
商売道具として見ていたから、何も思っていないと強がるタカシでしたが
実は心配でしようがなく、自ら身を捨ててでも巨大怪獣からモコを助けようとする熱い『漢』でした!
序盤は思わず不快感を抱いてしまったタカシでしたが、後半で名誉挽回。
かなり良い人だということが分かりましたね~w
最後はモコも無事帰って来てコンビ結成。ギャグはつまらなかったですが、彼らなら上手くやって行けそうですね。

今回、モコのリトルスターを追ってやって来た怪獣はアーストロン。
『普通の』アーストロンが映像作品に登場するのは、サーガ以来5年振りなんですね~
王道怪獣らしく、口から火を吐き、街で大暴れしてくれました。
しかもガスタンクの周りで暴れるので、ジードも中々光線が撃てない。
そんな時、モコのリトルスターがジードに届き、コスモスカプセルが起動。
ジード第3の姿 アクロスマッシャーへフュージョンライズ!!

まずですね、BGMなんですよ、BGM。
サントラを聞いた時に、一目(一耳?)惚れしてしまったのがこのアクロスマッシャーのテーマ。
こんな神秘的で落ち着く曲があったでしょうか・・・ジードの劇判でも1、2位を争うお気に入り具合です。
さてさて、そんなアクロスマッシャーの活躍ですがまずは着地から凄い!
凄いしずか~に着陸して、一切砂埃を巻き上げませんでしたねw
環境に優しいウルトラマンのようです。
アクロスマッシャーのファイトスタイルはコスモスのような優雅な動きの数々!
さらには怪獣を傷付けないような光線もコスモス譲りですね。
そしてヒカリの得意な光の刃も使用可能!
バランスのプリミティブ、パワーのソリッドバーニングに比べると
アクロスマッシャーはかなりトリッキーでスピーディーな形態のようですねぇ。
最後もアーストロンを倒す事無く、落ち着かせることで事態を収束させました。
やっぱりあの独特の動きがクセになるので、今後の活躍に期待ですw

また今回から監督がいきなり4話連続で担当した坂本監督から市野監督にバトンタッチ!
市野監督はやっぱりドラマを素敵に撮って下さる監督なんですよね~
そして特撮は、オーブの時は個人的に生意気ながら「ん・・・?」となることもあったのですが・・・
今回の戦闘シーンなんかは坂本監督にも匹敵する、ヒロイックでスタイリッシュなバトル!
いやぁすいません、市野監督!ジード格好良かったです!

今回笑ってしまったのは、まず冒頭のゼナ。
無表情のままサメクジラを抱っこしているのにはふふっとなってしまいましたねw
あとはリクとレイトの会話。いや、レイトというよりはゼロですねw
リクに正体をバラされそうになって、怒るゼロが面白かったです。
そしてさりげなく「ゼロ兄さん」と呼んだリク。
果たしてジードとゼロの今後の関係はどうなって行くのでしょうか。

そして「青い姿がスタイリッシュ」だと女性から高い評価を得たアクロスマッシャーw
大人たちからも次第に好感を得て、ジードが好きだという人は過半数を越えました。
これが何か今後の伏線のような気がして、嫌な予感が・・・
ジードが暴走して、好感度がグっと下がって、リクが立ち直れないみたいな・・・
ずーっと1話からジードに対する好感度を描写してきているので
今後フォーカスされる回があるのだろう、と楽しみにしています。
さらにリトルスターは怪獣にまで宿ることが今回判明。
こうなるともう、次のリトルスター保持者がまったく想像出来ませんよね。
リクも伏井出ケイも探し出すのが大変そうですw
今回はモコみたいな小さい怪獣で良かったですけど
今後巨大怪獣に宿ってる!なんてこともあるんでしょうか。

今回のラストはめでたし、めでたしで終わるのかと思いきや
なんと伏井出ケイが第2のベリアル融合獣 サンダーキラーに変身。
ジードが向かっていった所でED!なんと前・後編でした!w
次週はサンダーキラーとの激闘がはじま・・・る?

ベリアル融合獣登場ということで、シリアスなお話になるのかと思いきや
苦戦するジードを助けに来たゼロ。一人で出来るのに!と怒るリク。
リクはレイトと喧嘩。ウルトラマンとサラリーマン、職業を入れ替えてみることに。
サラリーマンになったリク。ウルトラマンになったレイト。
大変なのはどっちだ!?ってなんだコレ!w
次回、第6話「僕が僕であること」。サンダーキラーの大暴れも楽しみですね!

以上!ウルトラマンジード 第5話「あいかた」の感想でした。
それでは~
  1. 2017/08/05(土) 20:04:02|
  2. ウルトラマンジード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウルトラマンジード 第4話「星人を追う仕事」 感想

DC超卵です
本日、7月29日は「シン・ゴジラ」公開から1周年!
あの衝撃と興奮からもう1年ですか・・・ 年を重ねる毎に1年が早く感じます。
シン・ゴジラはやっぱり自分の中の何かを変えた一作だと思いますね。
もしかしたら人生で一番好きな映画かも・・・

logo_geed.jpg
さてさて!今週も放送されました最新作「ウルトラマンジード」!
シン・ゴジラから1周年ということは、オーブの第4話(マガパンドン)からも1年ですか~
本当にあっという間ですねぇ~

本日放送されたジードも第4話!「星人を追う仕事」です。

今回ストーリーの中心だったのがリクの幼馴染である愛崎モア!Wヒロインの一人ですね。
かなりドジな性格ながら、宇宙人対策のエージョント組織「AIB」に唯一所属している地球人だったりするのです。
何故、彼女はAIBに入れてしまったのか?w その真相はインタビューによるとこれから明かされるそうですよ~!
さらにAIBのエージェントにして、モアの先輩であるシャドー星人ゼナ。
いくらセブン50周年とはいえ、シャドー星人も復活するとは・・・w
演じられているのは岩田栄慶さん。詳しい方ならご存知でしょうが、なんとウルトラマンジードのスーツアクターさんなのです。
素面でも出演し、スーツアクターとしても出演し・・・と大活躍です。
岩田さんの今後のアクションにも注目ですね~
声を演じられているのは浅沼晋太郎さん。「ウルトラゼロファイト」第一部のボス・バット星人グラシエの声の方!
う~ん、隅々までゼロ要素に溢れてますね・・・ジードは・・・w
そんなゼナですが、アクションも格好良いし、声も格好良い頼れる先輩。個人的にはかなり好きなキャラですね~
今後の活躍が楽しみです。

さらに今回、重要な鍵を握っていたキャラクターがピット星人トリィ=ティプ。
スピード違反を犯し、AIBに追われていた為悪い宇宙人なのかと思いきや
実はピット星人の地球侵略作戦を中止させたという裏切り者。
地球を守る為に、自分を追って来るであろうエレンキングを遠ざけようとしていたのでした。
地球を気に入って、地球侵略を阻止するというのは「帰マン」のケンタウルス星人を思い出しましたね~
そんなトリ=ティプにもあのリトルスターが宿っており、それが原因でエレキングに追われるハメに。
ですが、エレキングを楽にさせて欲しいとジードに祈ったことで、リトルスターは消滅しました。
エレキング幼体との思い出からのエレキング撃破は、かなりグッと来ましたね・・・
見る前はギャグ回だと勝手に思い込んでいたのですが、見終わった後はしんみりしてしまいました。
その活躍を認められたのか、最後はスーツを着てゼナと熱い握手をするトリ=ティプ。
もしかしてAIBに所属したのでしょうか!?もしそうなら今後再登場もありえそうですね!

そして今回ようやく気付いたんですが、リトルスターが宿っている人の特殊能力って
そのリトルスターによって起動するウルトラカプセルのウルトラマンと関係があるんですね!w
エリちゃんの炎を出す力=レオ   少年の念力=セブン
トリ=ティプの腕から光の剣=ヒカリ そして、次回の芸人の(と見せかけて実は・・・?)ヒーリング能力=コスモスと・・・
もっと早く気付いておけば良かったですw

今回大暴れしてくれた怪獣はエレキング。
今までの個体よりパワーアップしており、角から放電可能になっていましたね。
もうビリビリぶっ放しまくりで、中々格好良かったです。
幼体がマックス版なのも懐かしかったですねw
ただ、着ぐるみが10年前の「大怪獣バトル ウルトラギャラクシー」から酷使されているのでボロボロにw
意外とクタクタなのが生物感を引き立てたりしていますが、角もプラプラだなぁ・・・
でもこれが人気怪獣の宿命。今後も使いこまれていくことでしょうw

エレキングを食い止めるべく、ジードも大活躍!
今回はどこか「ギンガS」を彷彿とさせるというか、坂本監督らしい画が見れた気がしますw
他にもバリアを張りながらダッシュしていくのを後ろから撮る!なんていう斬新なシーンも。
さらには逆光のソリッドバーニングなんかは最高に痺れましたね!
やっぱり坂本監督にヒーローを撮らせたら、右に出る者は居ないんじゃないでしょうか!(大袈裟)

ジードに残された数々の謎の中で、大きく取り扱われているのがリトルスターと伏井出ケイ。
リトルスターは地球人以外にも宿ることもある、ということが今回判明。
果たして、リトルスターの正体はなんなのでしょうか?
正体といえば、伏井出ケイ。今回の彼の発言でますます、謎は迷宮入りに・・・
宇宙のどこかに神がいて、その神と通信している・・・?
もう何を言っているのかさっぱり分かりませんw
その神=ベリアルなのだとしたら、伏井出ケイは一体誰なのか?
神はそもそもベリアルでは無く、新たなる巨悪の根源が居るのか!?
ああ~やっぱりジードで一番気になるのは、伏井出ケイの正体ですよ!w
今後の展開が楽しみで仕方ありません。


次回は冴えない芸人の物語。
その芸人にリトルスターが宿っているのかと思いきや!?
リトルスターを狙ってアーストロンも出現!やっぱり出ましたね、アーストロン!w
さあ!新たなカプセルは揃った!ジード第3の姿 アクロスマッシャー登場!
あの、クセの強い動きがついに見れるんですねw
来週も楽しみです。

以上!ウルトラマンジード 第4話「星人を追う仕事」の感想でした。
それでは~


  1. 2017/07/29(土) 17:58:03|
  2. ウルトラマンジード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウルトラマンジード 第3話「サラリーマンゼロ」 感想

DC超卵です
http://m-78.jp/news/n-4903//
昨日21日(金)から、ジードの音楽関連アイテムがいろいろ発売開始。
僕も早速「iTunes」で、歌のアルバムとサウンドトラックを購入しました。
OPとEDのフルも聞きましたが、OPが短い! 1番と2番しか無く、時間も3分以内に収まっています。
でも、これはこれで昭和ウルトラっぽくてアリかも・・・ EDは相変わらず名曲でしたね。
他には、これまでの過去作の主題歌をアコースティックに歌い上げたスタジオライブ版3曲に
ウルフェス ライブステージで使われる新曲「フュージョンライズ!」も収録。
この「フュージョンライズ!」がまあ格好良いんですよ!TVで挿入歌として使用して欲しいくらいです。
とにかく収録曲全てに魅力が詰まっていて、ジードファンそしてボイジャーファンの方なら買わなきゃ損かと。
サウンドトラックの方は、今聞きながらブログを書いていますが、どの曲も聞き応えありますね~!
こちらもジードファンの方ならきっとテンションが上がること間違い無し!オススメです。

logo_geed.jpg
さあ、楽しい週末の土曜日は「ウルトラマンジード」の日!

本日放送されたのは第3話「サラリーマンゼロ」です。

まあ~毎週、毎週面白い、ウルトラマンジード。
今週も大満足。面白かったです!

今回のストーリーの中心だったのが新キャラクターの伊賀栗レイト
いつも冴えないサラリーマンのはずだったのですが・・・
第3話にして、なんと最強のウルトラマンとも呼び声の高い、ウルトラマンゼロがジードの地球に降臨。
そしてなんと勇気を見せ、命を落とした伊賀栗レイトに感動し、なんとゼロはレイトと一体化してしまったのです。
しかし、レイトがやったことは瓦礫につぶされそうな子供を助けようと走り出したら
バナナの皮で滑って、車道に出てしまい車に轢かれるという残念っぷり・・・w
ゼロの自我が前に出過ぎていて、困っているレイトですが今後この凸凹コンビはどうなっていくのやら?

当初、ゼロの登場を知った時、強すぎてジードがいらなくなるのでは?と一瞬不安になりましたが、
今回ゼロは古傷が痛む為、十分に活躍不可&ウルティメイトブレス故障というとんでもないハンデを背負った状態に。
特にウルティメイトブレスが壊れていると、ウルティメイトゼロ&ストロングコロナ&ルナミラクル&シャイニングに全て変身不可という大変なことに!
こういった制限は、しっかりとジードがゼロに食われず活躍出来るので良いのではないでしょうか?
ゼロは今後、ジードの師匠のようなポジションになって行くみたいですし、今後の展開が楽しみですね~

レイトを演じる小澤さんは劇団EXILE所属!ライハに引き続き、バリバリのアクション派!
今回もゼロに乗っ取られた時にキレッキレのアクションを披露してくれていましたね~!
腕をグルグル回す仕草なんて、まさにゼロ!「二万年早いぜ!」なんて完璧にゼロでした。
というか、似すぎててさっぱり判別出来ないんですが
ゼロに乗っ取られてる時のレイトの声って宮野さんなのか、小澤さんなのか・・・
もし、小澤さんならそっくり過ぎて凄いなぁと思うのですが、どっちなのでしょうねぇ~
そういえば、ゼロがレイトに憑依する時の「帰マン」オマージュに笑ってしまいましたw

今回登場した怪獣はダークロプスゼロ
以前、ベリアルがゼロを模して製造したロボット戦士でそのパワーはゼロと互角!
さらに胸部にあるディメンジョンコアから放つ光線で、相手を時空の彼方へ吹き飛ばすという恐ろしい能力も。
そのディメンジョンコアのコストが高すぎるのか、その能力をカットした量産機・ダークロプスも製造されました。
しかし、今回のジードではウルトラカプセルを使って召還するのでコストなんてお構いなし。
ダークロプスゼロが3体も登場する大変な事態になってしまいましたw
まだまだ戦闘経験の浅いリクは苦戦を強いられますが、そんな時!少年の想いが、リトルスターがジードに届いた!
ついに登場!ウルトラマンジード ソリッドバーニング!!
セブンとレオ、師弟コンビのフュージョンライズで、その装甲のような表皮はまるでロボットのよう。
実際、胸部がガチャガチャ変形したり、体中から蒸気が吹き出たりとロボ感満載で大興奮!w
いや~いくつになっても、ロボットって格好良いですねw
さらに頭部のジードスラッガーを腕部や脚部のジョイントに装着可能。男心をくすぐられますw
もうとにかく熱い、格好良すぎるファイトスタイル。最高でした!
こんな感じで漫画「ULTRAMAN」の実写版なんて作れれば凄いんじゃないでしょうか?

今回はゼロが来たことにより、様々な秘密の真相が語られましたね。
「クライシス・インパクト」の結末もついに判明。
やはり、ジード世界の地球と宇宙は壊滅しかけ、もうダメかと思われたその時!
伝説の長老・ウルトラマンキングが登場し、なんと宇宙と地球を修復したんだとか。
しかし、あまりも範囲が広すぎた為、キングは光となり宇宙に散らばったと・・・
これがジードのOP映像の冒頭だったというわけですね。
もう規模が大きすぎて、何が何だか分かりませんが、とりあえずキング凄ぇなとw
ただ、そんなキングの限界に到達させてしまったベリアルもかなりの者。
しかも以前、ベリアルはキングに宇宙牢獄へ幽閉されているという恨みもありますからねw
いい逆襲が出来たと喜んでいるのかもしれません。
さらに、その騒動の最中に何者かが光の国にあったウルトラカプセルを盗み出したようです。
「クライシス・インパクト」の最中ということで、ベリアルが盗むことは不可能。
となると誰が?と考えたとき、頭にダークネスファイブが浮かんだんですけど・・・どうでしょう?w
他にもまだまだ謎はいっぱい。今後解明されるのがまた楽しみになって来ました。
キングが宇宙に散らばったとなると、リトルスターはキングの力の欠片だったりするのでしょうか?
そういえば伏井出ケイが嫌いな人に会うと言った後、ゼロを見付け出そうとしていましたし、
やはりケイ=ベリアルなのか!?謎が謎を呼びますね~!!!

今回意外だったのがゼロとジードの共闘が無かったということ。
ゼロはジードがベリアルに似ている為、現在様子見中。
リクもゼロが自分のことを捕まえに来たのではないかと不安なようです。
果たして、この二人が共闘出来る日はすぐ来るのでしょうか?

さて!来週はリクの幼馴染のモアが所属するAIBが大活躍!
星人を追う仕事というのは一体どんなものなのでしょう。
しかし、ピット星人の科学者の中にリトルスターが!?
エレキングも「ギンガS」以来3年ぶりにTVシリーズに登場!
まだまだ勢いの止まらないジード。来週の第4話も楽しみです。

以上、ウルトラマンジード 第3話「サラリーマンゼロ」の感想でした。
それでは~
  1. 2017/07/22(土) 14:14:36|
  2. ウルトラマンジード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ウルトラマンジード 第2話 「怪獣を斬る少女」 感想

DC超卵です
高校生活最後の学校祭が終了しました。
準備中はいろいろ大変なこと、つらいこともありましたが
最後には最高の形にまとまって、素晴らしい体験をすることできました。
結果としては全校2位でしたが、悔いはありません。3年間で最高の学祭でした。
たまには学生っぽい事も書かなきゃ・・・w

そんな今日は土曜日!
logo_geed.jpg
そうです!そうです!最新作「ウルトラマンジード」の放送日です!(書いてる最中に昨日になっちゃいました。)

本日放送されたのは第2話 「怪獣を斬る少女」です。

先週放送された第1話が、個人的な期待を大きく上回りドハマりしてしまい
勝手にハードルを上げて、2話を楽しみにしていたのですが・・・
どうでしたか?第2話。めちゃくちゃ面白かったですよ。

今回はメインヒロインである鳥羽ライハが中心のストーリー。
さらに物語の鍵を握っていそうなリトルスターの詳細も説明されましたね~
リトルスターは子供達に宿っており、その宿主は超能力を使用可能。敵である伏井出ケイもその力を狙っている模様・・・?
そのリトルスターがリクの持っているウルトラカプセルに宿ると、新たなウルトラ戦士の力を引き出せるみたいですね。
なるほど~今年は新たな力をどうやって入手するのかと思いましたが、そう来ましたか!
リトルスターはまだまだ謎多き存在。その正体が明かされるのが楽しみですね~

ヒロインのライハはサブタイトルにもあるように、まさに「怪獣を斬る少女」。
演じる山本千尋さんは中国武術の達人。今回もキレッキレのアクションを見せてくれましたね!
坂本監督も交流が深く、アクションの相性はバッチリというわけです。
ラストでは協力関係を結び、リクと共生することになったライハ。
ウルトラシリーズでは珍しい武闘派ヒロインの活躍が楽しみですね。

前回に引き続き第2話でも新たな謎がいろいろと。
まずは前回も語られた6年前の怪獣災害
今回は報道番組にて「詳細な記録が残っていない」と語られましたし、ライハも何か関係している様子。
スカルゴモラを見て「あの時と同じ・・・」とつぶやいたライハ。やはり伏井出ケイが関与しているのか!?
そんな伏井出ケイは今回ベリアル融合獣への変身バンクを初披露した訳ですが
あの演出だと完全にベリアル=ケイなんですけど!?ケイの正体は一体?
そして彼の真の目的は、リクにウルトラカプセルを集めさせること。
カプセルはあと5個必要みたいですが、来週手に入るセブンとアクロスマッシャー用の2本で計3本。
残りの2本は一体どのウルトラマンのカプセルなのか?そして目的のカプセルが揃うと何が起きるのか!
これらの謎が明かされるのが、待ち遠しくてしょうがないです。

特撮シーンも第1話に引き続き、安定したクオリティ。ただ気になるのが、坂本監督らしくないんですよね。
坂本監督といえば、アクロバティックで、悪く言えば重量感の無いアクションが特徴だと思っているんですが
ではではジードはどうでしょう。重量感ありますよね!
今回の土を巻き上げながらのダッシュなんて、痺れましたよ!
他にはスカルゴモラのジードと共にビルを倒しながらの突進も見応えがありました。
そんな中から一番の名シーンを挙げるとするなら、やはり斜めレッキングバースト!
エリちゃんの祈りを受け、立ち上がるというあんなに熱いシーンであのレッキングバースト!
いや~坂本監督~!ずるいですよ~!w
ジードも特撮に関しては心配する必要無さそうですね。(生意気)
これからも斬新な画が見れると思うと、楽しみです!

さらに今回個人的に一番驚いたのが、怪獣災害の描写のリアルさ。
避難所の疲労の溜まった人達や、ライハに不快な態度を見せる男性など
最近のウルトラシリーズでは見ない雰囲気に包まれていましたね。
ジードもベリアルに似ているという理由で、人々からは恐れられる始末。
ただ、これは今後ピンチの時にみんなに応援されるという熱い展開も期待出切るんですよね~
いや、逆にみんなに非難されるような展開も用意されているのでしょうか!?
でも大丈夫。エリちゃん達はきっとジードを応援してくれるハズですから・・・

様々な謎を提示し、どんどん深みに引きずろうとするウルトラマンジード!
非常に連続性の強いお話で、ストーリーの縦筋の強さを感じます。
いやぁ、やっぱり毎週新作が見れるって最高ですね。
果たして、来週以降どんな展開を迎えていくのでしょうか!?

来週はメインキャラクターの伊賀栗レイトがついに登場!
さらには大人気の最強ヒーローウルトラマンゼロが参戦!
さらにさらにジード第二の姿ジード ソリッドバーニングも登場しちゃうんです!
もう加速が止まらない、「ウルトラマンジード」。来週、第3話「サラリーマンゼロ」も見逃せませんよ!

以上!ウルトラマンジード 第2話 「怪獣を斬る少女」の感想でした。
それでは~
  1. 2017/07/16(日) 00:30:09|
  2. ウルトラマンジード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

DC超卵

Author:DC超卵
北海道高校3年のウルトラマン好き。
小さい頃にバルタン星人特集VHSを見たおかげで
「ウルトラマンシリーズ」にハマッてしまい、
今も抜けられずにいます。
中学1年生の時、玩具シリーズ「ウルトラエッグ」の
魅力を伝えたくて、このブログを始めました。
現在は「ウルトラカプセル」の発売を待ちわびています。


~連絡先~
dcultraegg1118♯gmail.com
(♯を@に置き換えてください~)
~Twitter~
@DCultraegg
相互リンク&ブロともの申請お待ちしています!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
日記 (66)
ソフビレビュー (24)
ウルトラマンジード玩具レビュー (5)
ウルトラマンオーブ玩具レビュー (39)
ウルトラマンX玩具レビュー (46)
S.H.Figuartsレビュー (14)
ウルトラエッグ (21)
ウルトラエッグ Ver2 (3)
その他玩具レビュー (7)
ウルトラマン玩具情報 (181)
ウルトラマン情報 (44)
ウルトラマンジード (15)
ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE (8)
ウルトラマンオーブ (61)
ウルトラマンX (48)
ウルトラファイトビクトリー (16)
ウルトラマンギンガ (27)
ウルトラマン列伝 (42)
レッドマン (27)
イベントレポート (7)
サイバーカードリスト (1)
ゴジラ (6)
企画倒れ (2)

Twitter@DCsuperegg

ブロとも様一覧


白皇学院裏生徒会

特撮好きはっちゃんのブログ

ベルのスーパーヒーローブログ~祝円谷プロ50周年ギンガ祭り~

☆タッツヒャックのブログ☆

DC超卵が選ぶベストウルトラエッグ
(購入の参考になれば幸いです)

01位 キングジョー 
劇中どおりの変形が楽しい
02位 ナース  
卵から変形したとは思えない再現度
03位 恐竜戦車 
車輪が付いていてコロ走行可能
04位 ガッツ星人 
1つの卵から2人の宇宙人に!お得です
05位 メトロン星人 
ちゃぶ台が付いてくるのが嬉しい
06位 ガンQ     
変形が楽しく、再現度が高い
07位 グドン    
A・Tモードがかなり格好良い(←グドン好き)
08位 メルバ    
変形が独特でA・Tモードもかなり実物に忠実
09位 イカルス星人 
900円とは思えない衝撃の可動範囲
10位 ピグモン   
かわいい。レアなのが惜しい。  

アクセスカウンター アクティブ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR