D・Cの超卵~(元)男子中学生のウルトラエッグ~

ウルトラエッグ好き高校3年の自己満足ブログ!
ウルトラマンシリーズの玩具中心のブログになっております~
5年目突入!総来場者数様25万人突破!!ありがとうございます!

ウルトラヒーローシリーズ49 ウルトラマンオーブ スペシウムゼペリオン


ウルトラヒーローシリーズ49 ウルトラマンオーブ
スペシウムゼペリオン
UH01_49.jpg
発売日:2017年12月定価:600円(税別)
初登場作品:2016年 TV「ウルトラマンオーブ」
2018年1月から、「ウルトラマンオーブ」の各話数をセレクトして再放送する
「ウルトラマンオーブ THE CHRONICLE」の放送がスタート。
その放送に合わせて、オーブ関連の玩具が多数再販。
ソフビもTVに登場した全形態が、「ウルトラヒーローオーブシリーズ」から定番入りとなりました。
1体目はスペシウムゼペリオン。初めて我々の前に見せた姿ですね。
皆さんお楽しみの「ヒーローオーブ」との比較は下の方へ・・・
タグ
UH02_49.jpg
≪前のソフビ次のソフビ≫
リストに戻る

UH03-49.jpg
ヒーローオーブ01 スペシウムゼペリオンと比較。
左がウルトラヒーローオーブ名義で、右がウルトラヒーローシリーズ名義です。
店頭でご覧になった方は、なんとなく察していたかもしれませんが
今回再販されたウルトラヒーローシリーズ版は
放送当時に発売されていたウルトラヒーローオーブ版と本体の違いはありません。
造形・塗装、全てまったく同じです。
UH04_49.jpg
唯一の違いがタグ。商品名が変わったので、いろいろ変更されています。
ただ、写真の構図や背景デザインなどはほとんど一緒です。
ま、まあタグが少しでも違えば、コレクションのしがいがありますよ・・・
とほほ・・

  1. 2018/06/14(木) 18:00:00|
  2. ウルトラヒーローシリーズ      (一般流通・定番)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラヒーローシリーズ48 ウルトラマンジード ウルティメイトファイナル



ウルトラヒーローシリーズ48 ウルトラマンジード
ウルティメイトファイナル
UH01_48.jpg
発売日:2018年2月定価:600円(税別)
初登場作品:2018年 劇場版「ウルトラマンジード つなぐぜ、願い!」
フュージョンライズで戦い続けて来たジードですが
劇場版でついに自分の真の姿を手に入れました。
これまた、今までに無い斬新な模様や塗装が特徴的です。
ソフビも造形はバッチリで、塗り分けも正面は頑張っていますが!
何故か、顔の造形が滅茶苦茶歪んでます。いくらソフビだからってこれはひどい。
デザイン画を元に造形したからかもしれませんが、それにしても格好悪すぎでしょう。
情報が解禁された時は、正直微妙な印象だったウルティメイトファイナルですが
実際に劇場版を見に行ったら圧倒的な強さだったので、一気に好きになってしまいました。
タグ
UH02_48.jpg
≪前のソフビ次のソフビ≫
リストに戻る

UH03_48.jpg
ひどい、ひどいと言っている顔のドアップ。
右側がソフビ、左側はタグに載っている実際のスーツのマスクです。
うーん・・・ やっぱり全然似てないですよね。
他の形態はそんなに違和感は無いのですが、どうしてウルティメイトファイナルだけ・・・?
UH04_48.jpg
ウルトラ兄弟5番目の英雄 ヒーローシリーズ05 エースと比較。
何故、エースと比較しているのかというと、実はウルティメイトファイナルと深い関係が。
ゼロからウルトラヒーローのデザインを担当している後藤氏は、ウルトラマンのデザインの限界を感じていました。
それはベースのデザインとなる『初代マン系』と『セブン系』の発展形が出尽くしてしまったから。
これからはどんなデザインだろうと、既視感は避けられない。
そこで注目されたのが、初代でもセブンでもない、『エース系』のウルトラマンでした。
ウルティメイトファイナルはそんな『エース系』のウルトラマンなのです。
そう言われてみると、頭部の造形に、曲線的なライン。各部の丸い模様など、エースらしい部分がいくつもありますね。
新作では今後、『なに系』の新ウルトラマンが誕生して行くのでしょうか・・・
UH05_48.jpg
直近の劇場版登場形態と比較。
左がヒーローX08 ベータスパークアーマー
右がヒーローオーブ07 オーブトリニティです。
劇場版形態は時系列上、そのヒーローの最強形態になることがほとんどなので
かなり複雑なデザインになる傾向がありますね。
また、ベータスパークアーマーもトリニティも先輩ウルトラマンの力なのに対し
ウルティメイトファイナルはジード本来の真の姿。
こうやって、毎年設定に一捻り考えるのは大変そうですね。
UH06_48.jpg
つなぐぜ、願い!
ジードの全形態大集合です。
「オーブ」とは異なり、スピンオフが何も無かったので
TVと劇場版のみで全6形態と結構少ないですね。
ジードはやはり目が特徴的だと思うのですが
その目が全形態共通なので、非常に統一感があるのが良い!
こうやって一斉に並べてみても、同じウルトラマンなのが分かりますね。
振り返ってみると、プリミティブからウルティメイトファイナルまで
全部意欲的で先進的なデザインだったかもしれません。

  1. 2018/06/13(水) 18:00:00|
  2. ウルトラヒーローシリーズ      (一般流通・定番)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラヒーローシリーズ47 ウルトラマンジード ロイヤルメガマスター



ウルトラヒーローシリーズ47 ウルトラマンジード
ロイヤルメガマスター
UH01_47.jpg
発売日:2017年10月定価:600円(税別)
初登場作品:2017年 TV「ウルトラマンジード」
ジードのTV最強の姿はベリアルとキングのフュージョンという、最高で最悪な組み合わせ!
金と紫、そしてマントにプロテクターとゴージャスでゴテゴテした平成ウルトラマンらしい形態です。
ソフビはその特徴的なマントがしっかり再現されているのがポイント。
このマントのおかげでかなりボリュームがあり、お得感のあるソフビになっています。
また、成型色は全身ラメ入りのゴールド。ラメは小さいですが高級感が上がります。
そしてなにより正面の紫と銀は全て塗装という塗り分けの細かさ。
最強形態らしく、ソフビも非常にゴージャスです。
タグ
UH02_47.jpg
≪前のソフビ次のソフビ≫
リストに戻る

UH03_47.jpg
変えるぜ、運命!
怪獣シリーズ43 ベリアル・ヒーロー24 キングと比較。
並べてみると分かりやすいのが、実はロイヤルメガマスターの模様って
ベリアルと同じ模様のキングカラーなんですよね。
この因縁の組み合わせを使いこなすのが、ベリアルの息子というのがたまらないですねぇ。
あとロイヤルメガマスターを見てしまうと、キングにもマントが欲しくなってきます。
UH04_47.jpg
玩具販売スケージュル上、同じポジションである先輩ウルトラマンのTV最強形態
ヒーローシリーズ36 エクシードXヒーローシリーズ53 オーブオリジンと比較。
基本形態と共通の部分を多く持つエクシードXと、逆に基本形態よりシンプルになったオリジン。
そして、一気にゴテゴテゴージャスになったロイヤルメガマスターと
それぞれパワーアップに幅があるのが面白いですね。
しかし、オーブオリジンはいつ見ても本当に思い切ったデザインだと思いますよ・・・

  1. 2018/06/13(水) 18:00:00|
  2. ウルトラヒーローシリーズ      (一般流通・定番)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラヒーローシリーズ46 ウルトラマンジード マグニフィセント



ウルトラヒーローシリーズ46 ウルトラマンジード
マグニフィセント
UH01_46.jpg
発売日:2017年9月定価:600円(税別)
初登場作品:2017年 TV「ウルトラマンジード」
ジードの第4形態は、ベリアルとも因縁深い、ウルトラの父とゼロのフュージョンライズ!
巨大なウルトラホーン&アーマーに、青い爽やかなカラーリングと
今までに無いフォルムが印象的な形態です。
誕生の経緯も格好良かったので、ジードで一番好きな形態かもしれません。
ソフビは造形もマッシブで格好良いですし
塗装も背面はさておき、正面はかなり細かく塗り分けられています。
ジードのソフビで一番劇中に忠実かも・・・
タグ
UH02_46.jpg
≪前のソフビ次のソフビ≫
リストに戻る

UH03_46.jpg
守るぜ、希望!
ヒーローシリーズ21 ゼロヒーローシリーズ23 ウルトラの父と比較。
ゼロ要素が強めですが、しっかりとウルトラの父の特徴である角と髭の意匠もあり
中々程よくフュージョン出来ているのではないでしょうか。
頭部のウルトラホーンが、実はゼロスラッガーになっているのが芸コマ。
マッシブでとにかく強そうで、「マグニフィセント(=雄大・崇高)」という名に相応しい格好良さ。
サンダーブレスターほど目立てなかったのが残念です・・・

  1. 2018/06/13(水) 00:46:41|
  2. ウルトラヒーローシリーズ      (一般流通・定番)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラヒーローシリーズ45 ウルトラマンゼロビヨンド


ウルトラヒーローシリーズ45 ウルトラマンゼロビヨンド
UH01_45.jpg
発売日:2017年8月定価:600円(税別)
初登場作品:2017年 TV「ウルトラマンジード」
ジード放送時、既に登場から8年経過していたゼロ。
TVのレギュラーになった時点で大分驚いたのですが
新たなフォームをもらったのにはもっと驚きました。
その名はゼロビヨンド。
後輩達の力を借りてパワーアップした、『ゼロを超えた』究極の姿です。
シルバーのボディにパープルのラインという
ゼロらしからぬシンプルなカラーリングが特徴的ですが
ソフビはそのシルバーの塗装を諦め、全て成型色で行くという潔さ。
石膏像のようで、劇中と大分イメージは違いますが、これはこれでありかも?
相変わらず、造形は悪くないんですけどねぇ。
タグ
UH02_45.jpg
≪前のソフビ次のソフビ≫
リストに戻る

UH03_45.jpg
俺に限界はねぇっ!
フュージョンしてくれた後輩達
11 ギンガ・53 オーブオリジン・29 ビクトリー35 エックス)と一緒に。
オーブやジードと違い、合体元の要素が全く無いのがゼロの特徴です。
この新世代ヒーローズの師匠と弟子が繋がって行く関係性が、たまらなく好きなんですよ。
そういえば、ゼロって新世代ヒーローズに入るんでしょうか?それともギンガから?
UH04_45.jpg
ウルトラマンゼロ 進化の系譜。
ゼロからウルティメイトゼロはアーマーが付いて、王道パワーアップ。
シャイニングは模様もカラーも一気に変わりました。
そしてゼロビヨンドは形も変わって、色も一転。どんどん様変わりして行きます。
単純な戦闘スペックなら最強のゼロビヨンド、時間を操るチート能力のシャイニング。
そして時空を自在に移動出来るウルティメイトゼロ。
来年10周年のゼロですが、まだ進化するのでしょうか・・・

  1. 2018/06/10(日) 00:50:08|
  2. ウルトラヒーローシリーズ      (一般流通・定番)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

DC超卵

Author:DC超卵
北海道札幌の大学1年生でウルトラマン好き。
小さい頃にバルタン星人特集VHSを見たおかげで「ウルトラマンシリーズ」にハマッてしまい、今も抜けられずにいます。
中学1年生の時、玩具シリーズ「ウルトラエッグ」の魅力を伝えたくて、このブログを始めました。
今は現行ソフビシリーズの図鑑を製作しています。

ウルトラヒーロー
リスト




~連絡先~
dcultraegg1118♯gmail.com
(♯を@に置き換えてください~)
~Twitter~
@DCultraegg
相互リンク&ブロともの申請お待ちしています!!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (10)
日記 (71)
ウルトラヒーローシリーズ      (一般流通・定番) (53)
ウルトラ怪獣シリーズ        (一般流通・定番) (1)
ウルトラヒーロー・怪獣シリーズ   (一般流通・その他) (1)
ウルトラヒーロー・怪獣シリーズ   (限定販売) (1)
ソフビレビュー (24)
ウルトラマンジード玩具レビュー (5)
ウルトラマンオーブ玩具レビュー (39)
ウルトラマンX玩具レビュー (46)
S.H.Figuartsレビュー (24)
ウルトラエッグ (21)
ウルトラエッグ Ver2 (3)
その他玩具レビュー (8)
ウルトラマン玩具情報 (183)
ウルトラマン情報 (44)
ウルトラマンR/B(ルーブ) (1)
ウルトラマンジード (18)
ウルトラマンゼロ          THE CHRONICLE (8)
ウルトラマンオーブ (63)
ウルトラマンX (48)
ウルトラファイトビクトリー (16)
ウルトラマンギンガ (27)
ウルトラマン列伝 (42)
レッドマン (27)
イベントレポート (7)
サイバーカードリスト (1)
ゴジラ (6)
企画倒れ (2)

Twitter@DCsuperegg

DC超卵が選ぶベストウルトラエッグ
(購入の参考になれば幸いです)

01位 キングジョー 
劇中どおりの変形が楽しい
02位 ナース  
卵から変形したとは思えない再現度
03位 恐竜戦車 
車輪が付いていてコロ走行可能
04位 ガッツ星人 
1つの卵から2人の宇宙人に!お得です
05位 メトロン星人 
ちゃぶ台が付いてくるのが嬉しい
06位 ガンQ     
変形が楽しく、再現度が高い
07位 グドン    
A・Tモードがかなり格好良い(←グドン好き)
08位 メルバ    
変形が独特でA・Tモードもかなり実物に忠実
09位 イカルス星人 
900円とは思えない衝撃の可動範囲
10位 ピグモン   
かわいい。レアなのが惜しい。  

フュージョンライズ! アクセスカウンター!  

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR